サステナブルライフ

良いものを長く大切にする暮らし

結論「テレビのない暮らしの方が良い」唯一ハマった番組とは

f:id:naconeco:20180131172928j:plain

移住して環境が変わり、暮らしに必要なものも増えました。
長く使えるものを選んで買っていますが、正直いらないなと思ったものも。

本日は、テレビのない暮らしから脱却しテレビと向き合ってみたお話です。

 

5年振りのテレビに思ったこと

ずっとテレビのない暮らしを続けてきました。

関連記事▶︎時間と空間と心の断捨離!テレビのない暮らしのすすめ

なくても困らなかったのですが、夫がどうしてもサッカーが見たいと購入。 

5年振りのテレビ、どうせなら活用してやろうと思ったのですが、ガッカリしているのが現状です。

 

面白いと思える番組が少ない

面白いなぁと思った番組ももちろんありましたが、ワイドショーからバラエティーまで、とにかく興味をそそられるものが少なかったです。

テレビってこんなものだったかなと残念な気持ちに…

 

放送時間に振り回される

気になったドラマはPCで見逃し配信を見ていました。

せっかくだから大画面でドラマを見ようと思ったけれど、始まる前までに!とか、あ〜始まっちゃう!とか、テレビに振り回されているようで、虚しく思えてくるのです。

 

不要な情報まで入って来る

司会者やコメンテーターの個人的な見解、ゲスト同士のガヤガヤ、しつこく流れるCM、知りたい情報以上に不要な情報が多すぎます。

無音に慣れているせいか、うるさく感じて消してしまったことも。

 

全ては録画で解決するのか?

録画してCM飛ばして好きな時間に見ればいいじゃん、と言われればそうなのですが、ハードディスクを買ってまで見たいとは思えないのです。

 

存在感と圧迫感がストレス

もうこれは個人的な好みの問題ですが、部屋の隅から放たれる黒々として無機質なテレビの存在感がどうも好きになれません。

 

テレビに何を求めていたのか

笑いたい、泣きたい、感動したい、ニュースがみたい、テレビに求めることは人それぞれだと思います。

わたしはテレビに「まだ見ぬ世界を見せて欲しい」と期待していました。

でも現実は、キーボードを叩けば分かる内容ばかり。

なんかこうもっとディープな世界を教えてくれ!と思いつつ、そもそもテレビにそんなこと求めてはいけなかったと反省しました。

 

これを求めてた!と思った番組

とか言いつつ、見つけたんです、まだ見ぬ世界を見せてくれる番組を! 

そんな唯一ハマった番組がこちら。

 

マツコの知らない世界(TBS)

「◯◯な世界」と題し、マツコさんとゲストさんが1対1でトークします。

ゲストは基本的に素人さん、ある分野に特化したその世界では玄人な方々が、その魅力をマツコさんに紹介する番組です。

これがとにかく深い!

最近の「◯◯」は、サバ缶、名建築宿、崖、梅干し、プラレールなど…

これまで意識していなかったもの、興味すらもったことのなかったもの、どんなものにも深く掘り下げる人がいて、愛が溢れる解説にグイグイ引き込まれます。

見終わるころには、その世界が気になり始めるんだからすごい。

マツコさんの、正直で容赦ない視聴者目線のツッコミもまた面白いのです。

1対1というのもまたいい、喫茶店で目の前の席の人がディープな話してて面白い!みたいな感覚に陥ります。

▶︎マツコの知らない世界|TBSテレビ

 

結論、やっぱりテレビいらない

f:id:naconeco:20180131172956j:plain

ま、捨てないですけどね。

夫はサッカーが見れるようになって、それはそれは喜んでいますし、悪天候時や災害時にはテレビがあればなお安心ですから。
(そもそも停電したらテレビ使えないけど)

マツコさんの番組も見逃し配信で見れるし、結局テレビをつけるのは週2回数十分程度。

もしこのテレビが壊れたら次のテレビは買わないです、わたしは。

好きな時間に好きな本を読んだほうが、心の栄養になる気がしています。

 

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
応援クリック、いつもありがとワン♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村