サステナブルライフ

良いものを長く大切にする暮らし

花粉による肌の痒みにWELEDAカレンドラケアクリームが効く

f:id:naconeco:20180317143924j:plain

母から伝授された、良いものを長くの精神は、暮らし全体に及んでいます。
大切に使うのは体も然り、生活習慣や食事にも気を配っています。

本日は憎っくき花粉から肌を守るクリームのお話です。

 

肌の痒みも立派な花粉症

毎年「今年こそ治ってる」と念じているんですけどね、今年もしっかり薬にお世話になっています、くそー。

くしゃみ鼻水目の痒み涙が止まらない、朝晩犬の散歩後は大惨事です。

でも、実は一番辛いのは、肌の痒みだったりします。

肌荒れや痒みも立派な花粉症、敏感肌やアレルギー体質の人がなりやすく「花粉皮膚炎」とも言われています。

花粉が皮膚に付着して炎症を起こした状態で、くしゃみ鼻水は出ないのに肌だけに症状が出る方もいるそうです。

 

花粉皮膚炎の予防方法

くしゃみ鼻水にはマスク、目の痒みには花粉用メガネ、では皮膚は?

 

まずは花粉をシャットアウト

基本は鼻や目と同じ、肌に花粉が付着しないようにします。

マスクやメガネをして、皮膚の薄いデコルテ周りも保護できると尚良し、頭皮が痒くなる人は帽子も有効的です。

 

保湿して肌バリアを高める

マスクで顔周りが擦れ、鼻をかんだティッシュに水分を持って行かれ、刺激と乾燥しかないこの時期。

乾燥した肌はバリア機能が低下し敏感な状態です、そこに花粉が付着すると悪化の一途をたどることになってしまいます。

しっっっっかり保湿して、乾燥から肌を守りましょう。

 

症状が酷い場合は皮膚科へ

肌荒れは、一度悪化すると綺麗な状態に戻るまで長い時間を要します。

痕が残ることもあるので、セルフケアで肌荒れや痒みが治まらない場合は、早急に皮膚科を受診しましょう。

 

カレンドラケアクリームで乗り切る

f:id:naconeco:20180317143948j:plain

数年前までは、耳鼻科眼科皮膚科のトリプル通院が当たり前でしたが、今は皮膚科の通院はせずセルフケアで乗り切っています。

オロナインや白色ワセリンなど色々試してみたものの、個人的に一番効果があったのが、WELEDAの「カレンドラケアクリーム」でした。

以前にもご紹介しているのですが、わたしの人生にはなくてはならないクリームと言っても過言ではありません。

関連記事▶︎ヴェレダの隠れた名品!肌トラブルにはカレンドラケアクリーム

カレンドラケアクリームは6種類の自然由来成分のみで構成されたクリーム、肌の保湿、保護、荒れ防止に効くカレンドラというキク科の植物が配合されています。

過去にはお高い美容クリームも使いましたが、保湿力や肌荒れへの効果はそのどれよりも優れていると思います!

ヴェレダ公式オンラインショップ

 

固いクリームを塗るコツは?

濃厚で固めのテクスチャー故、手に取ったら体温で温め柔らかくして使うのがコツ。

さらに、少し潤いのある肌の方が塗りやすいので、体に使いたい時も化粧水などを馴染ませてから塗ると広範囲に塗り広げられます。

濃厚なのにベタつかないのも、このクリームの良いところ。

朝は、メイク前に塗り込んで保護膜を作り日中の痒みを軽減、夜はヒリヒリする目元や小鼻、顎周りに塗布しその日のダメージを沈静化させています。

 

マヌカハニーも忘れずに!

f:id:naconeco:20180317144005j:plain

スキンケア以外では、毎朝マヌカハニーを摂取するのもこの時期の定番。
(空腹時に単体で摂取すると効果あり)

マヌカハニーの高い殺菌作用と抗炎症作用が、花粉で弱まった免疫力を回復してくれます。

関連記事▶︎我が家の常備薬!マヌカハニーの効能とおすすめの使い方教えます

鼻詰まりで喉をやられてしまったという方にもおすすめです。

まだまだ続く辛い花粉の季節、小さな工夫を重ねて乗り切りましょう!

 

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
応援クリック、いつもありがとワン♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村