ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

食卓の相棒、シンプルを極めた柳宗理のステンレスカトラリー

f:id:naconeco:20170830140322j:plain

母から伝授された、良いものを長くの精神は、暮らし全体に及んでいます。
買う時は吟味して、使う時は長く大切に、がわたしのモットー。  

本日は、シンプルを極めた柳宗理のカトラリーのお話です。

 

柳宗理ステンレスカトラリー

f:id:naconeco:20170830140343j:plain

右からパスタフォーク、テーブルスプーン、ヒメフォーク、アイスクリームスプーン、バターナイフです。

テーブルスプーンは、ディナースプーンより小さめで女性の口にも丁度良いサイズ、パスタフォークはディナーフォークよりフォークの溝が長く、パスタが絡みやすい構造です。

現物を見て、本来の用途に囚われず使いやすさを重視して選びました。


柳宗理は、日本を代表するインダストリアルデザイナー。

カトラリーの他にも、片手鍋や取手付きパンチングストレーナー、ステンレスボールにキッチンナイフを愛用中。 

▶︎茹でる沸かすのプロ!使い勝手No.1は柳宗理の片手鍋 

シンプルでステンレス素材なのに、どこか温かみのあるデザインがお気に入りです。

 

日々の食卓で大活する理由

朝は果物に夏はアイスに、時には調理器具として、気がつけば毎日のように使っています。

たかがスプーン、されどスプーン。

普通に見えてちょっと凝った形、それが使いやすさに繋がっています。

 

1.繋ぎ目なし丈夫で長く使える

ステンレスの単一素材、繋ぎ目がないのでグラつきなどが出ないし、木製のように劣化することもありません。

銀食器と違い曇ったり変色することもなく、丈夫で長く使える、まずはこれが一番です。

 

2.テーブルスプーンはスープにも

f:id:naconeco:20170830140402j:plain

テーブルスプーンは、深さもあるのでスープもちゃんと飲めます。

「口に…入らない!」なんてことも多いのが縦長のスプーン、柳宗理のスプーンは横に広いデザインで、小さめの口でも食べやすくノンストレスです。

ステンレスはお手入れがしやすいので、調味料を混ぜたりと調理器具としても活躍中。

 

3.無印のテーブルナイフが好相性

f:id:naconeco:20170830140755j:plain

柳宗理のナイフ類はどれも幅広なのが、唯一の不満。

そこで、安価な無印のテーブルナイフを合わせて使っています。

f:id:naconeco:20170830140415j:plain

違和感ないでしょ?艶感もそっくり!

f:id:naconeco:20170830160605j:plain

よく見ると、無印のナイフのほうが少し厚みがあり、ぷっくりと丸みを帯びています。

 

4.使いやすい幅広のバターナイフ

f:id:naconeco:20170830140531j:plain

逆に幅広で良かった〜と思うのがバターナイフ、野田琺瑯のバターケースの相棒です。

▶︎食卓で絵になる美しい佇まい、野田琺瑯のバターケース

この大きさと薄さで、バターを掘ることなく綺麗に取れ、クリームチーズやマヨネーズなど柔らかいものを広げる時にも非常に便利です。

 

5.スイーツや果物にヒメフォーク

f:id:naconeco:20170830140600j:plain

毎朝、果物を食べる時に欠かせないのがヒメフォーク。

スイーツ用のミニフォークって、刺しにくいものも多いですが、ヒメフォークはしっかり刺せて逃がしません

f:id:naconeco:20170830140710j:plain

直線に近いデザインなので、ケーキ類もスムーズに切ることができます。

 

もう2セットは違うデザインで

珍しい好みかもしれませんが、同じもので統一するより、違うものを色々揃えたい派です。

椅子やクッション、器やカトラリー、なんでもバラバラが好き。

同型の色違いや、同素材の型違いにするのがコツ、統一感が出ます。

来客用にカトラリーを追加購入する予定ですが、ステンレスで全く違うデザインのものにする予定です。

何かを買う時の調査タイムも楽しいもの、じっくり吟味します♩ 

 

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。
ランキングに参加しています。
応援クリック、いつもありがとワン♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村