ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

素敵なベランダに憧れるけど…ウッドタイルをおすすめしない理由

f:id:naconeco:20160921153114j:plain

母から伝授された、良いものを長くの精神は、暮らし全体に及んでいます。
身の回りのものは愛着のある品ばかりですが、時には失敗することも…

本日は、わたしの失敗談のお話です。

 

ベランダライフに憧れて

f:id:naconeco:20160921153129j:plain

実家には、4畳半程のウッドデッキがあり、2階のベランダも広々休みの日はデッキやベランダで読書をするのが楽しみでした。

今の物件は築20数年の古いアパート。

ベランダの奥行きはわずか70㎝

角部屋で屋根も短く、吹き込みが激しい現実。

日当りが良すぎるので、洗濯物は一瞬で乾くのですが植物には厳しい環境、夏場は目玉焼き焼けるんじゃないかってほど、あっちっち状態です。

でも、どーしても、実家のウッドデッキが忘れられなかった。

暑さ対策も含め、せめて見栄えだけでもとウッドタイルを買ったのです。

狭いなりにベランダライフを楽しもう、そんなつもりでした。

 

見た目はいいけど、清潔感は皆無

f:id:naconeco:20160921153255j:plain

海外風の素敵なウッドタイル、これが想像以上に世話が焼けました

もちろんメリットもあります、でもそれを上回るデメリットの数々。

ウッドタイルのメリット

・床が熱くならない
・多少見栄えが良くなる

ウッドタイルのデメリット

・タイルの下に埃やゴミが溜まる
・タイルの隙間に埃やゴミが溜まる
・濡れるとタイルの下が乾かない
・剥がして洗って拭いて掃除が大変

犬を飼っていることもあり、毛と砂埃が混じり合った厄介なゴミが溜まるんです。
(犬用の毛布やクッションを、ベランダで干しているのでどうしても毛が落ちる)

タイルの下が乾かず、じとーっとしているのも、なんだか不潔で…

2ヶ月に1回の頻度で、タイルを剥がしてお風呂場に運び1枚1枚洗い、乾燥させている間に、汚れたベランダを拭き上げる、3年間これの繰り返し

洗って敷いたそばからゴミが溜まる。

ゴミに比例して、ストレスが溜まる一方でした。

 

心折れて手放すことに

f:id:naconeco:20160921153321j:plain

台風が過ぎ、そろそろ掃除をと思った今朝、タイルを剥がしてみて心が萎えました

1ヶ月前に洗ったのに、もう泥と毛にまみれてる…

洗う気力が失せ、手放すことに。

もう見た目はいいや、、ゴミに、不潔さに負けました。

 

捨て方が分からない!

f:id:naconeco:20160921153338j:plain

12枚を剥がすと結構な量、はて、これは何ゴミ??

市区町村で配布された分別辞典を引くも、ウッドタイルの表記はなし。

タイル?すのこ?一通り探して降参、役所に電話すると担当者も「んーーー」と悩む悩む。

表は木、裏はプラ、ホームセンターで売ってるベランダに敷くやつ、電話口で形状を伝えるもまだ唸る、結果「燃えるゴミで」ということでした。

普段使っているサイズの指定ゴミ袋に入らないので、買ってこなくては。

捨てることさえスムーズにいかない厄介者、最後まで世話が焼けます。

 

「敷く」ことはリスクを伴う

室内外を問わず、何かを敷くって、リスクが伴いますね。

汚れ、カビ、湿気、掃除の手間。

クッションフロアの下がカビだらけだった…なんて惨事も小耳に挟んだことがあります。

我が家には、室内に敷物が1枚もありません、それは掃除の手間問題から。

「良いものを長く大切に」って難しい、時にそう思うこともあります。

使ってみないと分からないものもたくさん、こうやって、失敗して学ぶしかないですね、高い授業料でした。

早く、本物のウッドデッキのあるお家に住みたーい!

f:id:naconeco:20160816164505j:plain

みかんも、ウッドデッキ恋しい?

 

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
応援クリック、いつもありがとワン♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村