ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

普段使いにぴったり!型違いで揃えたい沖澤康平のワイングラス

f:id:naconeco:20170809124121j:plain

母から伝授された、良いものを長くの精神は、暮らし全体に及んでいます。
買う時は吟味して、使う時は長く大切に、がわたしのモットー。

本日は、ワインを飲まない我が家で愛用中のワイングラスのお話です。

 

毎日使えるグラスを探して

晩酌をするのは週末だけですが、ガラスのグラスがないのが悩みでした。

マグカップで飲むのもね…

飲み物それぞれに合うグラスもありますが、週数回の晩酌のために買うのはもったいない、どうせなら毎日使えるグラスをと買い求めたのがこのワイングラス。

3年ほど愛用していますが、毎日大活躍しています。

 

沖澤康平さんとは?

沖澤康平さんは岐阜県に工房「8823(ハヤブサ)glass work」を構えるガラス作家。

毎日の生活に溶け込むような、シンプルで使い勝手のよいガラス製品を製作しています。

ワイングラスの他にもコップや小鉢など、全体的に少し厚みがあり手作りの温かみを感じられる器が特徴です。

 

沖澤康平のワイングラスが好きな理由

f:id:naconeco:20170809124204j:plain

作家さんのグラスを選んだ理由は「ゆらぎ」 ツルツルの工業製品にはない手作りのゆらぎに魅力を感じました。

伯母手作りの器と並べても、違和感なく馴染んでくれます。

▶︎我が家の器全部見せます!独り者が69枚の器を持つ理由

 

型違いで揃えたくなるデザイン

f:id:naconeco:20170809124134j:plain

愛用しているのは、背の低い2種類。

沖澤さんのワイングラスは色々な形があるのですが、雰囲気が統一されているので型違いで並べてもゴチャゴチャせず、小粋な印象になります。

背が高いデザインもあり、脚のデザインは全て違います

来客用として違うデザインも欲しい♡

 

カジュアルに気軽に使える

f:id:naconeco:20170809124144j:plain

女性の手にすっぽりと収まるサイズ感で、普段使いにちょうどよく、お酒以外の飲み物でも違和感なく使えます。

通常のワイングラスより背が低く、肉厚なガラスにより安定感があるのもお気に入り。

 

器としても使っても映える

f:id:naconeco:20170809124153j:plain

背が低いので、グラスとしてだけでなく器としても活用しています。

ゼリーやヨーグルトを入れるのはもちろん、サラダや果物などちょっとした副菜を入れるのに最適です。

ヨーグルトも、グラスに入れるだけで小洒落て見えてくるから不思議。

 

作家ものに魅了される理由

綺麗すぎるものが苦手なのか…器は手作りの作家ものが多いです。

ピカピカの器より、手作りのゆらぎがあるとほっとする、というのが理由。

ワイングラスと同じ理由で、高塚和則さんの木工皿も手彫りの「はちのす彫」に惚れて愛用しています。

▶︎トーストが湿気ない!手彫りが美しい高塚和則さんの木工皿

と言っても、器って安いものではないので購入する機会は少ないのですが、素敵なものをチェックするのはとっても楽しい♪

お友達も器好きが多いので、情報交換をしては盛り上がっています。

夏本番、今年もワイングラスでゴクゴクお茶を飲みますよー!

 

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。
ランキングに参加しています。
応援クリック、いつもありがとワン♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村