ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

時間と空間と心の断捨離!テレビのない暮らしのすすめ

f:id:naconeco:20160729131649j:plain

この場所はコンセントの横に配線があり、本来はテレビを置く場所です。
(左下の物体は柴ドリル中です…ご容赦下さい)
実家を引き払ってこの家に来て3年半、我が家には未だテレビがありません。
今日は、実践してみてわかった、テレビのない暮らしについてお話します。

 

テレビを見ない家で育ちました

テレビをあまり見ない、むしろゲーム機も漫画もない家で育ちました。

母は、ゲームも漫画も小中学生には必要ありません!という考えの持ち主。

わたしも弟も、一通り欲しいなという時期はありましたが、結果的にお金が自由になる年齢になる頃には興味が失せて、買う事はありませんでした。

小中学生の頃、テレビを見てよい回数は姉弟合わせて週3回のみ。

高校生大学生になると、勉強とバイトが忙しくてテレビの前に座る時間がなく…テレビを本格的に見始めたのは、社会人になって土日に時間ができてからです。

ただし、もともとズボラなわたし。

仕事の疲れを理由に見たいわけでもない番組をぼーっと眺める
ということが多かったのも事実です。

 

実感!テレビもゲームも漫画も、なくて人生困らない

テレビ・ゲーム・漫画。
三大娯楽に関わりなく生きてきて困ったことは、特定のテレビ番組や昔読んでた漫画の話題になった時に、話についていけない、くらいです。

ゲームはできなくても困らないし、漫画も読まなくても困りません。

テレビを見ていない、ゲームや漫画を持っていないことでイジメられたこともありません。

強いて言うなら、たまに勘違いをして笑われます。

以前上司が「進撃の巨人」について熱く語っていたので「それって野球漫画ですか?」と聞いて「ジャイアンツじゃねーよ!」と爆笑されました。

 

時間と空間と心に余裕!テレビのない生活のメリットとは

f:id:naconeco:20160729131741j:plain

母が亡くなり、実家を引き払う時に古くてでかいテレビは処分しました。

いざ一人暮らしが始まっても、特に必要としないまま買わずに3年半が経過しています。

実際に体験してみると、テレビがない生活はメリットばかりです。

テレビのない生活のメリット

・空間を自由に使える
 本来テレビやテレビ台を置く場所や壁を自由に使うことができる

・電気代の節約になる
 年間で約2,000円の節約(1日2時間見た場合)2,000円って意外と大きい

・時間の断捨離につながる
 テレビを見ていた時間や、ながら見で無駄にしていた時間とさようなら

・静かだと物事に集中できる
 体を休める、家事をする、本を読むなど、雑音がないと集中できる

とは言っても、テレビないと困ることもあるでしょ、という方にはこちらを。
ネットが普及した今は、テレビの代替案がいくらでもありますよ。

 

テレビの代替案

・ニュースはネットで網羅できる
 ネットニュースや無料の新聞アプリでも問題なし(職場の新聞よく読んでた)

・災害情報はラジオとネットで把握できる
 防災セットに携帯ラジオが入っているくらいなので、ラジオとネットで充分

・どうしても見たいドラマは見逃し配信で
 今はほとんどのドラマが見逃し配信をしています、好きな時間に見れるのも◎

・映画は映画館で見る
 DVDをパソコンで見てもいいのですが、映画館の雰囲気と音響は格別

テレビなくて家でなにしてるの?とよく聞かれますが、そりゃもう色々です。
だって2時間テレビを見ている時間があれば、できることがたくさんあります

休日に、ダラダラとテレビを見て過ごすのも否定はしませんが、内容の濃い映画を映画館で見た方が心にもきっといいはず。

今日1日何してたんだろ…なんて自己嫌悪に陥ることもありません。

ついテレビに気を取られてしまう。
という方は、まず"ながらテレビ"をやめてみて下さい。

静かになれば、虫や鳥の鳴き声、風や雨音は天然のBGM、犬の寝息もよく聞こえます。

音がない世界は意外と心地よいもの、テレビを消して、時間と空間と心に余裕をもった暮らし、してみませんか?


本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ひとりといっぴき、励みになるワン!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村