ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

ありがとうさようなら、15歳2ヶ月と4日柴犬みかん大往生でした

f:id:naconeco:20161216122701j:plain

1ヶ月程、お休みしていました。
お休み中も、来て頂いた方や読者登録して下さった方がいらして、感謝しております。

ブログの題名にもなっている「いっぴき」ですが、11月20日に虹の橋を渡りました。
立ち止まっていてはダメだ…となんとか書いてみました。

愛犬の死に関することなので、読みたくない方はここで閉じて下さいね。

 

あっという間の出来事でした

f:id:naconeco:20160916110044j:plain

発端は、11月14日月曜日。

昨日まで朝晩1時間ずつのお散歩をこなし、食欲もありました。

ところが、月曜になり急に夜鳴きが激しくなったのです。

火曜の朝には、顔の斜頸、震え、旋回が酷くなり、自力歩行が不可能に。

以前発症した前庭疾患とは様子が違い、病院へ駆け込みそのまま入院となりました。

普段全く鳴かないみかんですが、抱っこして病院に向かう途中、聞いたこともない大声で吠え、腕の中で暴れていました。

 

高齢では検査もできない

診断結果は
1.白血球減少→悪化すると敗血症に
2.右内耳炎症→いつものやつ
3.何らかの小脳疾患→MRIが必要

1と2は抗生物質の点滴をしました。

3のMRI検査は、全身麻酔になること、例え病名が分かっても有効的な治療法がほとんどないことから、高齢で体力の落ちているみかんにはリスクが高過ぎると判断しました。

人間も犬も、高齢で体力が落ちれば、検査すら生死に関わるのだと痛感…。

出来るのは、抗生物質の点滴のみ。

白血球の数値が上がったので、金曜の午後に退院しました。

治療ができない小脳について、今後どうなるか先生に聞きました。

「突然亡くなるか、寝たきりになるかのどちらかです」

10歳を過ぎてから覚悟はしてきましたが、これが本当に本当の覚悟だと悟りました。

 

潔い最期でした

f:id:naconeco:20161216122752j:plain

金曜に帰宅してから日曜まで、みかんはほとんど食べてくれませんでした。

色々なフードやおやつを差し出しても、無理矢理口に入れても、ペッと吐き出してしまいます、唯一大好物のりんごだけは食べてくれました。

先生には日曜の朝も食べなければ、点滴しましょうと言われていました。

日曜、やっぱり食べず…抱っこして病院に向かう途中、ふとこれが最後のお散歩になるかもしれないと、公園に寄りました。

イチョウの紅葉がとっても綺麗で、その下で写真を撮りました。

おしっこするかな?と芝生に降ろすと、支えられつつ何歩が歩き、おしっこしました。

その後、抱き上げると「あおーーーーーん」とお腹の底から吐き出す様に鳴き、スッと眠るように高台の公園で夕日を浴びながら逝ってしまいました。

退院して2日、あっという間でした。

 

全てがみかんの計画通り

f:id:naconeco:20160916110015j:plain

わたしが退職するまで、大病もせず元気で待っていてくれました。

15歳のお誕生日もお祝いさせてくれました。

退院前に注文した褥瘡防止マットも、一晩使ってくれました。

彼が引っ越して来て、ぴったり2ヶ月目でした。

亡くなった公園は、初めてお散歩に行った公園でした。

思い起こせば書ききれないくらい、全てみかんの計画通りだったのかもしれません。

 

ありがとうさようなら

f:id:naconeco:20161216122734j:plain

寝たきりになってもいい、もっとお世話させてほしかった、もっと一緒にいたかった。

でも「介護は大変だから、なこちゃんの事、気遣ったのよ」そう言う犬友さんの言葉に、確かにみかんらしいなと思いました。

みかんには、感謝しかありません。

みかんの大好きな母がいなくなったこと、引っ越し、毎朝5時のお散歩、長時間のお留守番、みかんには負担だったはずなのに、健気について来てくれました。

母が亡くなった時、みかんが居なくて1人だったら、立ち直れなかったと思います。

初めての1人暮らしも、みかんが居るから頑張れました。

みかんは、母が見る事のなかった、28歳以降のわたしを側で見て来ました。

きっと今頃「ねーちゃんは未だにお料理が下手」と母に報告してることでしょう。

ありがとう、みかん。
さようなら、みかん。
愛してるよ、みかん。

あなたは、わたしの誇りです。

 

自分と向き合うこと

正直、まだ立ち直れていません。

毎日寂しいし、毎日悲しい、でも、それなりに元気にしています。

母の闘病4年、その後みかんと共に4年、大学院を修了してからずーっと自分よりも「誰かのお世話」を優先してきました。

「これまで出来なかったこと、好きなことをしたらいいよ」

そう彼が言ってくれるのですが、大人になってからは誰かのお世話しかしてこなかったので、いまいち自分が何がしたいのか、わからないのです。

この1ヶ月、ぼんやりと過ごしましたが、そろそろ自分と向き合わなければいけません。

ブログも、少しずつ再開していこうと思います。

また、覗きに来て頂けたら幸いです。

 

本日は重たい内容に長々とお付き合い頂き、ありがとうございました。
みかんは4年振りの母とのお散歩にルンルンしていると思います♪ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村