ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

そばかすとほくろ、顔面コンプレックスをプラスに捉える方法

f:id:naconeco:20170714140420j:plain

母から伝授された、良いものを長くの精神は、暮らし全体に及んでいます。
大切に使うのは体も然り、生活習慣や食事にも気を配っています。 

本日は、顔のそばかすとほくろ…コンプレックスを乗り越えたお話です。

 

人と違うことに気がついた日

冒頭写真は、33歳スッピンの現状です、不快に思われたらごめんなさい。

これでも粗が目立たず写ったほう。

思春期のわたしを悩ませた、そばかすとほくろが無数にあります…

このそばかすですが、小学5年生の時に「顔、ぶつぶつだね」と言われるまで自覚はありませんでした。

だから「ぶつぶつ」と言われても、ピンとこなかった。

ニキビもないし、アトピーと闘ってはいましたが幸い顔には症状が出ていませんでした。

どうやら、シミのような斑点をぶつぶつと言っているらしい、その事に気がついてからと言うもの、一気にそばかすの存在が気になるように!!!

 

友達は皆、綺麗な肌だった

そもそもは母が豪快なそばかすフェイス、自分の顔も母の顔も見慣れていて、人と違うことに気がつかなかったのです。

でも、改めて友達を観察すると、そばかす以前にほくろの1つもない綺麗な肌の子ばかり。

ほくろも人より多いのか…

思春期真っ只中に突きつけられた人との違い、当時はなんとかして消せないものか…そればかり考えていました。

分厚いメイクで必死に隠そうとした時期もありましたが、今は全く気にしていません。

顔を隠したいと思う程の顔面コンプレックスも、冷静に考えたらプラスに捉えられることがわかったからです。

 

そばかすもほくろも気にしない!

そばかすの正式名称は「雀卵斑」

幼少期にできるそばかすは遺伝による先天性、後天性のそばかすは日焼けによる色素沈着と言われています。

雀卵斑(じゃくらんはん)とは、皮膚にできる色素斑(しみ)の一つ。

幼児より思春期に好発、常染色体優性遺伝形式をとる。

白人に多いが、日本人でも見られる。メラノサイトが局所的に活性化し、メラニンの色素が多数沈着して黒くなる。光線過敏も合併していることが多い。

引用元:Wikipedia

母は自らのそばかすを気にし、娘の日焼け対策を怠らなかったそうですが、努力虚しくと言った所でしょうか。

でも、娘はもう気にしていません! 

 

そばかすのある有名人は多い

高校生の頃「装苑」というファッション誌を愛読していたのですが、外国人モデルさんってそばかすの多い方が大勢いるんです。

それも、顔だけじゃなくて身体中に!

さらに、人生で初めてハマったドラマ「恋ノチカラ」に出演していた深津絵里さんも、そばかすフェイス

人生とファッションのバイブル!ドラマ「恋ノチカラ」を熱く語る

あまりの可愛さに惚れ込んだ女優さんと「お揃い♡」と思ったら気にならなくなりました。

 

シミをカモフラージュできる

女子トイレで聞こえてくる話題「シミができちゃって〜」「シミが増えて〜」綺麗なお肌の人にシミが出来たら、そりゃ大騒ぎですよ。

ところが、そばかす肌には、シミのひとつやふたつ屁でもありません

だって、増えても分からないもん!

そばかすによってシミがカモフラージュされるし、小さなシミに気分を左右されないし、アラサーになって初めて特したなぁと思っています。

 

ナチュラルメイクに見える

ここまで広範囲だと、コンシーラーなんて代物は全くの無力です。

むしろ普通にメイクするだけで、そばかすが透けて見え、勝手に素肌感を演出できるのでテクニックいらず。

「どうやったら、その感じ出せるの?」と聞かれましたが、コツも何もありゃしません。

 

ホクロの多さはネタになる

顔面のほくろは20個程。

女子の中にはよく観察している人もいるので「そこにホクロあるんだね」と言われたらこっちのもの「ほくろ多いんですよ〜!」と言えば大抵数えてもらえます

ほくろの多いおじさまと、数を競った事も(笑)

コンプレックスなんて、話のネタにしたもん勝ちです!

 

デメリットは案外少ない

あんなに悩んでいたけれど、深刻なデメリットってほとんどないんです。

 

艶肌が似合わない

今流行りの艶肌ですが、そばかす肌には恐ろしい程似合いません。

艶でそばかすが悪目立ちし、下手するとスッピンよりも汚く見えます。

クリームチークは見事撃沈、大人しくお粉叩きます。

 

美白がむしろ逆効果

いっそ小麦肌の方が目立ちません。

ところが、そばかすは色が白く紫外線の刺激に弱い人にできやすい。

そばかすに紫外線は大敵、無理を承知で焼けば真っ赤に火傷、美白をすればそばかすだけが目立つ…何をやっても逆効果です。

 

子どもに遺伝する

先天性のそばかすは、子どもに遺伝する可能性が高いです。

思春期に同じような悩みを抱えたら…そんな時は経験談を話してあげるしかありません。

 

身体が一番長く使うもの

骨格は変えられないけど体型維持はできるし、そばかすもほくろも消せないけど(レーザー等は別として)肌に悪いことを避けることはできます。

生まれてから死ぬまで、人生で一番長く大切に使うべき身体。

どうにもならないコンプレックスより、努力で変えられる部分を変えたり維持するように心掛けています。

そばかすやほくろの多いの方に会うと、勝手に親近感を抱いているのですが、それはわたしだけではないはず。

嫌いだったぶつぶつも、今は愛すべきぶつぶつ、です♪

 

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。
ランキングに参加しています。
応援クリック、いつもありがとワン♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村