ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

足腰の負担が少ないスロージョギング、3ヶ月目の効果がすごい!

f:id:naconeco:20170630104209j:plain

母から伝授された、良いものを長くの精神は、暮らし全体に及んでいます。
大切に使うのは体も然り、生活習慣や食事にも気を配っています。

本日は、スロージョギングを3ヶ月続けて得た驚きの効果のお話です。

  

運動を避けていました

もともと体を動かす事は大好きですが、ウォーキング以外の運動は避けてきました。

理由は、高校の部活中に痛めた腰と、それを庇って出てくる膝痛。

腰は気をつけて生活していれば問題ないですが、膝は普通に生活していても違和感を感じることが多いです。

だから、自己流の運動で歩けなくなったら…と思うと怖くて運動ができませんでした。

そんな時、りえっこさん (id:riecoro) の記事で興味をもったのがスロージョギング。

お会いした時に詳しい話を伺って、4月の上旬から走り始めたのです!

 

スロージョギングのメリット

スロージョギングは、年齢を問わず誰でも出来る負担の少ないスポーツ。

りえっこさんの記事でも、詳しく紹介されています。

 

早く走る必要がない

早歩きと同じくらいのペースで走るため、運動経験を問わず誰でも走ることが出来ます。

 

関節に負担がかからない

踵から着地せず、指の付け根部分から着地するのも特徴のひとつで、これにより膝や腰など体の関節にかかる負担を少なくできます。

お年寄りや、わたしのように持病のある人でも安心してできる運動です。

 

疲れないから長く走れる

疲れず息が上がらないペースが基本、少しの体力で長い時間運動することが出来ます。

 

歩くより消費カロリーが高い

スロージョギングは、ウォーキングの約1.5倍のカロリーを消費できます。

走行中は苦しくなくても、走った後は「運動した〜!」という実感がありますよ。

 

効果が出やすい有酸素運動

スローとは言え立派な有酸素運動。

ウォーキングよりも効果が出やすく、脂肪燃焼によるダイエット効果はもちろん、体を温め代謝を上げるなど、良い事づくめです。

 

スロージョギングのやり方

f:id:naconeco:20170630104437j:plain

早く走ろうとすると、歩幅が大きくなり必然的に踵から着地することに。

歩幅を小さく「ちょこちょこー」っと走るように意識しましょう。

 

スロージョギングの走り方

・早歩きと同じくらいの速度で走る
・息が切れない速度を守る
・背筋を伸ばし姿勢よく走る
・肘を軽く曲げて走る
・足の指の付け根から着地する

 

スロージョギングの時間

走る時間は1回30分が目安です。

30分連続走行が理想ですが、りえっこさんも書かれていた通り、スローとは言え普段運動をしない人がいきなり30分体を動かすのは大変。

慣れるまでは、10分走り10分歩くを3セットでも、1日2回15分でもかまいません。

 

スロージョギングの頻度

有酸素運動を毎日行うと、慢性的な疲労感や脳の興奮状態が続き寝付きが悪くなるなど、弊害も生まれます。

走る頻度は、1日置きや2日置き程度にしましょう。

 

スロージョギングに適した靴

ランニングシューズの知識がなく、スポーツメーカーで働いたことのある彼に相談。

足の指の付け根から着地するなら、足先までエアーが入っている「ナイキエアマックス」が良いとのことで、こちらを愛用しています。

 

ナイキはサイズが小さめなので、23.5㎝で24㎝を履いています。

ランニングシューズの中でも比較的安価で、初心者におすすめです。

 

いざスロージョギング実践

f:id:naconeco:20170630104503j:plain

開始3ヶ月、2日に1回〜3日に1回のペースで続けています。

はじめは、スーパースローペースなのに息も絶え絶えというダメっぷり…3分走っては歩き…を繰り返す始末。

少しずつペースを掴み、距離も伸び、30分連続で走れるようになりました。

今は、個人的な方法ではありますが、30分走った後に30分歩いています

その方が、運動後の体がクールダウンされて気持ちよいと感じたからです。

写真はアプリのスクリーンショット。

1時間のジョギング&ウォーキングで約6km、380cal消費しています。

どこまで正確かは定かではありませんが、こうやって結果が見えるとやる気が出るわかりやすい性格です(笑)

 

3ヶ月走って得た6つの効果

週に2〜3回、気軽に続けてきましたが、その効果に驚きを隠せません! 

 

1.体重が減った

体重は毎朝計っていますが、今朝時点でマイナス1.5kgでした。

我が家の体重計では、体脂肪や筋肉量の変化がわからないのが残念です。

 

2.むくみが消えた

実は、体重の変化以上に見た目の変化が大きいです。

足や腰周りが常にむくんでいたのですが、血流が良くなり代謝が上がったためでしょうか、太ももの隙間が復活し、パンパンだったふくらはぎも柔らかくなりました。

 

3.運動が快感になった

長年運動を避けてきたのに、完全に運動する気持ちよさに目覚めました!

普段から沢山歩いてるつもりでしたが、移動で歩くのと意識して運動するのは全く違うと実感しています。

雨などで走れない日が続くと、なんだか体が重たいなぁと感じるまでに。

 

4.姿勢が良くなった

走る時の背筋を伸ばす姿勢が、日常生活に反映されるようになりました。

つい猫背になり息苦しくなっていたのですが、背筋を伸ばした時の「息のしやすさ」を覚えたからでしょうか、自然に姿勢を正す自分がいます。

 

5.食の意識が変わった

普段から健康的な食事を心掛けてはいたのですが、運動でクリアになった体に余計な食べ物を入れたくないなと思うようになりました。

間食の回数も劇的に減り、口にするものもより厳選するようになりました。

 

6.自然の変化が楽しい

自然には事欠かない田舎町、鳥の鳴き声や風の音がBGMです。

亡くなった愛犬との散歩道を走っているのですが、季節の花々が綺麗で「お散歩しながらお花眺めたなぁ」と自然の変化と思い出を噛みしめています。

 

生涯スポーツに出会えて感謝

生涯できる趣味を見つけたいと常々思っていたのですが、読書以外に見つからず(笑)

それが、この3ヶ月で完全に「ジョギングが趣味」になりました。

スロージョギングと読書、どちらもしないと落ち着かないし、読了後の満足感は運動後の爽快感にも似ています。

得られる効果は似てるいるのかも

いくつになっても持続できるスポーツに出会えて、感謝しています。

運動なんて苦手だし…そんなあなたに是非!おすすめです!

 

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。
ランキングに参加しています。
応援クリック、いつもありがとワン♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村