ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

洋服1枚も長く大切に使いたい、部屋着を持たない5つの理由

f:id:naconeco:20170807182202j:plain

部屋着って持っていますか?
実は、家の中でしか着ない服は持っていないな、と最近気がつきました。

本日は、部屋着を持たなくなったその訳は?そんなお話です。

 

寝間着と部屋着の境界線は?

f:id:naconeco:20170807182054j:plain

寝間着の部屋着の境界線って、人によって違いますよね。

部屋着と外出着の境界線も然り。

個人的には寝間着は就寝時だけという認識、思い返せばもう長いこと、寝間着以外に家の中でしか着ない服は持っていません。

なんでだろうと振り返ってみました。

 

部屋着=外出着だった

母は服装に厳しい人、制服のスカートは「短すぎる!」ダメージ加工は「みすぼらしい!」ダメ出しの嵐(笑)

要は、だらしなかったり、清潔感に欠ける格好で出歩くなということ。

寝間着でご飯を食べることも、外に出ることも論外でした。

だからわたしにとって、部屋着=外出着、なんです。

 

帰ったらすぐ寝る生活

帰宅したらお風呂に入ってすぐに寝る、という生活を長く続けていたのも部屋着を持っていない要因のひとつ。

アルバイトを始めた高校生の頃から、仕事を辞めた32歳まで、家でのんびり過ごすことはほとんどなく、外出着と寝間着だけで事足りていました。

 

部屋着を持たない5つの理由

f:id:naconeco:20170807182338j:plain

仕事を辞めて1年、未だ部屋着は持たないまま過ごしています。

お気に入りに囲まれて暮らしたい、いいものを長く使うことを人生のテーマにしている身としては、部屋着はないほうが都合が良いことも多いです。

 

1.家の中でも好きな服が着たい

もともと洋服が大好きなんです♡

主婦とはいえ、家から一歩も出ない日はないですし、その日のお天気や気分によって好きな洋服が着たい

といっても、フォーマルやジャケットを着用したりはしませんよ(笑)

サラリーマン時代からメンズファッションが好みなので、動きに支障はなく、掃除の時は汚れが目立たない服、料理の時はエプロンを付ければ、全く問題なしです。

 

2.いつでもどこへでも外出できる

着替えが完了していれば、躊躇することなく即行動に移せますし、この格好であそこには行けない…という事がないので行動範囲も広がります。

ピンポン鳴ってるけどこの格好では出れないっ、と焦る必要もありません。

 

3.ダラケ癖の防止になる

隙あらば理由を付けてダラケたいと思っている節があります。

どーでもいい服を着ていると、生活全体がどーでもよくなってしまう、朝着替えてお化粧をすれば、気持ちが切り替わりダラケ防止になります。

 

4.洋服で体型維持をしている

太りやすい体質で、毎日意識して節制しないとあっという間にブクブク…

手持ちの洋服は、ベスト体重で綺麗に着られるサイズに統一されているので、洋服を着ればほんの少しの変化も感じ取れます。

ダラけるのは寝間着の時だけで充分!

 

5.着倒さないから長持ちする

寝間着は2組、毎日洗濯して交互に着ていますが傷みの早いこと!

寝間着はともかく、洋服は全てお気に入りの一軍選手、愛着があるからこそ長く使いたい。

ミニマリストではないので洋服はそれなり量があり、まんべんなく着ていれば過度に傷むことなく長持ちします。

 

最後まで洋服を使い切る方法

f:id:naconeco:20170807182435j:plain

流行に興味がなく毎年同じような格好しているので、流行遅れという理由で洋服を捨てる事はまずありません。

それでも、いつか着れなくなる時もやってきます、そんな時は…

 

リフォームで甦らせる

体に合わなくなった、取れないシミが付いたなど、そのままではどうしようもない時は、捨てる前の一工夫としてリフォームで甦らせます。

▶︎その服捨てるの?ちょこっとリフォームで不要な洋服が甦る!

 

ウエスとして掃除に使う

カットソー類など傷みが出るものは、寝間着に降格させた後、最後は切り刻んでウエスにし、油物をふき取ったり掃除に使っています。

 

傷み具合で売るor捨てる

ウエスにできないニットやパンツ類は、大抵の場合は買い取ってもらえるので、次に使ってくれる方がいればと売りに出します。 

買取対象外のファストファションは、店頭に持ち込むと回収してくれる場合が多いです。

▶︎ReMUJIって知ってる?無印良品のリユースで洋服に次の命を

 

お気に入りの洋服、手放す時も希望の光を見出してあげたいと思ってしまうのはわたしだけでしょうか。

部屋着って何だろう、改めて考えたら色々な方の部屋着事情を知りたくなりました。

 

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。
ランキングに参加しています。
応援クリック、いつもありがとワン♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村