ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

コスパ最強!パックスナチュロンのスポンジを3ヶ月使ってみた

f:id:naconeco:20170419155700j:plain

母から伝授された、良いものを長くの精神は、暮らし全体に及んでいます。
買う時は吟味して、使う時は長く大切に、がわたしのモットー。

本日は、消耗品だって長く使いたい、最強キッチンスポンジのお話です。 

  

消耗品も長く使ってゴミを減らしたい

f:id:naconeco:20170419155715j:plain

これは以前よく使っていたスポンジ。

スポンジ面と研磨面の層に分かれたよくあるタイプで、3個入り100円程のものです。

1週間でヘタって汚らしくなるので、毎週のように取り替えていました。

まさに、使い捨て。

でも、汚いのも嫌だけど、安易にゴミを捨てるのも嫌なんです。

どんなものでも、商品になって消費者のもとに来るまでにエネルギーを使い、ゴミになって処理される時にもエネルギーを使う、もちろんリサイクルにも。

自分1人がゴミを減らした所でどうにもならないのは重々承知ですが、少しでも環境負荷を減らし、かつゴミの少ない人でありたいなと思うのです。

ただ、生活していく上で、消耗品は欠かせないもの。

ならば、安いものを買って使い捨てるより、安いもの2個の値段で良いものを長く使おうと心掛けています。

 

パックスナチュロンのキッチンスポンジ

消耗品の見直しをして真っ先に変えたのが、スポンジでした。

清潔さを保ちながら長く使えるものをと、色々試して辿り着いたのがパックスナチュロンのキッチンスポンジ。

定価150円(税抜)で色はピンク・ブルー・ナチュラルの3色展開です。

 

自然に優しいパックスナチュロン

パックスナチュロンは1947年創業の太陽油脂株式会社が展開する、自然由来成分を主体とする洗剤やスキンケア用品のブランドです。

私たちがお届けしている製品はすべて、肌や髪にやさしい天然の植物油を主原料としてつくられています。

人と自然にいいことだけを考えて、石油由来の合成界面活性剤や防腐剤、合成香料、合成着色料は一切使っておりません。

引用元:パックスナチュロン公式HP

本社工場に太陽光発電を採用し、人だけでなく自然にも優しい商品作りをしています。

買って応援したい、とブログでも良く書いていますが、まさにそれに当てはまる会社です。

 

パックスナチュロンキッチンスポンジの長所

・ヘタり具合に差が出ない単一素材
・目が粗く、泡立ちも水切れも良い
・スポンジの中にゴミが溜まらない
・耐久性が抜群過ぎて捨てられない
・なのに200円以下でコスパ最強

スポンジの目が粗いのが最大の特徴で、泡立ちがいいのはもちろん、ゴミが溜まらず水切れもよくて、常に清潔に使えます。

スポンジ面と研磨面の層になったタイプはヘタリ具合に差が出て、なかなか乾かないのが悩みだったので、今は本当に快適です。

なによりその耐久性たるや!!

ストック用の新品と、3ヶ月半程使っているもの、2つを比べてみました。

  

丈夫過ぎて困る!3ヶ月使ってみた結果

不潔に思ったり、泡立ちが悪くなったりしたら捨てているはずなのですが、そういう意識をせずに3ヶ月以上使っているという事実、すごいです。

 

見た目の変化は?

f:id:naconeco:20170419155729j:plain

塩素系漂白剤は使えませんが、酸素系漂白剤は使用できるので、週に1回程度酸素系漂白剤に漬けていました。

ブルーがグリーンぽく変色し、形も歪になっていますが、長方形を保っています。

グリーンになったのは、漂白剤ではなくカレー粉が原因のような気も…

 

厚みの変化は?

f:id:naconeco:20170419155752j:plain

見てこれ!パッと見た雰囲気は使い込んだ感がありますが、実際の所は縦横厚みに変化はほとんど見られません!

ゴミもほとんど詰まっておらず、綺麗な状態であることがお分かり頂けるかと思います。

 

弾力の変化は?

f:id:naconeco:20170419155803j:plain

上は新品、下が3ヶ月使用したもの。

新品はギュっと握ると反発してくるくらいの弾力がありますが。3ヶ月使うとさすがに握りつぶせるくらいになっています。

ただし、泡立ちには何ら影響なく、今も少しの洗剤でフワフワの泡が出来ています。

 

コスパが良過ぎる!

3個100円程のスポンジを1ヶ月で使い切っていましたが、今は1個150円のスポンジを3ヶ月使い続けています。

スポンジ代だけで年間1,000円かかっていたのが、このまま行くと300円程で済みます。

コスパも良くて、ゴミも減らせて、快適に使えるなんて…最高です。

 

捨て時が分からない…

何が悩みって、これに尽きます、丈夫過ぎる(笑)

1個前は、半年使って捨てました。

それも、コンロの大掃除に使って捨てたので、使おうと思えばまだ使えたんですよね。 

ゴミが詰まらないし、ヘタらないし、いつまでも泡立つし、いつ捨てればいいんだ!

 

ゴミまで美しいって変ですか?

毎朝犬の散歩をしていた頃、各お宅の前に出されたゴミを観察したことがあります。(チラっと眺める程度ですよ!)

Lの袋にグッチャグチャに入れられたゴミから、Sの袋にきっちり詰められたゴミまで、家族構成や年代性別に違いはあれど、ゴミと家の雰囲気や人柄って似ているなと思いました。

いつもお庭に綺麗なお花が咲いていて、生ゴミをザルに広げて乾燥させているお宅のゴミは、いつ見ても超コンパクト。

下の階のお兄さんは、ビールの空き缶が美しいほどペッタンコに潰してあります。

ゴミまで、美しい人でありたい。

消耗品ひとつだって、ポイポイ捨てずに最後の最後まで使い切ってさようならしたい、そう思っています。

 

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。
ランキングに参加しています。
応援クリック、いつもありがとワン♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村