ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

5年ぶりの運転!ペーパードライバー講習を受けてよかったこと

f:id:naconeco:20171017160017j:plain

1ヶ月ほど予定はズレたものの、引っ越し日も決まり荷造りの日々です。
移住先では車は1人1台、一念発起して5年ぶりの運転に挑戦しました。

本日は、ペーパードライバー講習に行ってみた、そんなお話です。

  

ドアを破壊し心も折れた

運転免許を取得したのは約10年前。

「なんか、かっこいいから」という安易な理由でMTを選択、当時は若く頭の回転も早かったので、仮免から試験まですべて一発合格でした。

しかし、免許を取ったはいいが乗る機会がなかった…

実家の車に10回強、乗ったか乗らないか、しかもそのうち3回は自宅の駐車場にゴツン

最後はゴツンを通り越してバリバリっと、ドア一枚ダメにしました。

以来、乗っていません。

もう、トラウマで…ドアと一緒に心もバリバリっと壊れました。

 

ペーパードライバー講習受けて良かったこと

f:id:naconeco:20171017160117j:plain

ドアバリバリ事件から5年、移住が決まったと同時にもれなく「運転」をしなければいけない状況になりました。

車はまだ手元にないけれど、引っ越した当日から運転が必要。

こうなったら「一からやり直しだ」とペーパードライバー講習に申し込みました。

結果、行って良かったです、本当に!

 

ブレーキを踏んでくれる人がいる

まずは、これに尽きると思います。

家族に教えてもらうという手もありますが、やはり教えるプロが隣にいて、万が一の時にブレーキを踏みハンドルを操作してくれる、というのは安全性も安心感もまるで違います。

「怖い怖い」と呟いたら「リラックス、リラックス!」と声を掛けてくださり、随分と恐怖感も薄れました。

 

一度覚えれば…って覚えてない!

自転車は一度乗れるようになれば、何年経っても体が覚えているもの。

車はというと、標識や表示など座学で学んだことは覚えていたのですが、運転方法を体が覚えているという感覚はほとんどありませんでした。

運転席に座ったものの、何をするんだっけ??、動かしてみるも何がなんやらという感じで自分でもびっくり。

もし講習を受けず、ぶっつけ本番で運転したら…と思うとゾッとしました。

 

弱みや注意する点が明確になる

克服したい項目を伝えれば、それに従って講習が進み、その中で弱みや注意するべき点を指摘してもらえます。

わたしの場合はこんな感じ
・運転姿勢が乱れる(顎が出る)
・10時10分の位置から手がズレる
・カーブや交差点での減速加速が苦手
・先を見て予測するのを忘れがち

やりづらいな〜と思っていた原因が良くわかり、その解決方法を教えてもらえるので、あとは練習あるのみです!

 

5年ぶりの不安が少し消えました 

ドアを破壊した挙句、5年も運転していないと、もはや恐怖しかない状態。

寒い日だったのに汗をかくほど緊張しっぱなしの2時間、それでも路上から生還した頃には、やっぱり来てよかったという気持ちでいっぱいでした。

 

お金で安全を買うという選択

料金や内容は教習所によって異なりますが、今回の教習所はマンツーマンの4時間コースで32,916円でした。

先週2時間、引っ越し直前にさらに2時間の高速講習が待っています。

すでに持っている有効な免許、それをお金を払って習いに行くなんて、と思われるかもしれませんが、お金で安全を買うと思えば非常に有益です。

自分を守り他人を巻き込まないためにも、まずは正しい運転技術を身につけること。

それが難しいならプロに見てもらうのが一番!

もし、ペーパードライバーから脱したいと思っている方がいらしたら、講習を受けてみることをおすすめします。

自家用車OKだったり、出張OKという教習所もありますよ。

 

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
応援クリック、いつもありがとワン♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村