読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

金沢&能登旅行の「美味しいお土産」おすすめ品を一挙公開!

f:id:naconeco:20170512111158j:plain

我が家のGWは、母の故郷である石川県を巡る旅へ。
金沢市内編七尾輪島編とおすすめ観光コースをご紹介してきました。

本日は、旅行中に見つけた美味しいお土産を一気にご紹介します!

 

お土産はその土地の美味しいものを

旅って、テンション上がりますよね。

自分へのお土産も、友人へのお土産も、選ぶ時間はワクワクするもの♪

ところが、いざ自宅に帰って冷静さを取り戻すと「本当にこれ必要だった?」ってなったりしませんか?

形が残る雑貨類は特に。

せっかくお金を払うなら、長く大切に使えるものを買いたいですから、買うと決めているもの以外は、旅先で物を買う事はしないようにしています。

そのかわり、その土地でしか味わえない美味しいものを探すことに命をかけます(笑)

普段見慣れないもの、通販で買う程じゃないもの、海外はもちろん同じ日本でも場所が変われば文化も違う。

その違いを、舌で味わうのが楽しいのです!

 

美味しいお土産金沢編

まずは、金沢市内編で立ち寄ったお店で購入したお土産をご紹介。

初心者向け金沢&能登旅行おすすめ観光コース(金沢市内編)

 

甘納豆かわむら(にし茶屋街)

f:id:naconeco:20170512110536j:plain

甘納豆専門店のかわむらは、保存料や着色料を使わない甘納豆が売りで種類も豊富です。

せっかくだから、石川県産のお豆を使った甘納豆を選びました。

パッケージが可愛いのも高ポイント! 

f:id:naconeco:20170512110647j:plain

石川県珠洲市産の小豆を使った「能登大納言」

甘さ控えめで小豆がホクホクで美味しい〜、ちょっとしたオヤツにも、贅沢にアイスにトピングしても◎

f:id:naconeco:20170512110654j:plain

石川県珠洲市産の緑豆を使った「大浜の緑豆」

小豆も美味しいけれど、緑豆の方がより豆々しくて甘さも更に控えめで、個人的にはこちらの方がより好みです。

店舗は1店舗、お取り寄せも電話のみと、県外では入手しにくい商品です。

甘納豆かわむら

 

加賀麩不室屋(ひがし茶屋街)

f:id:naconeco:20170512110740j:plain

加賀麩不室屋は麩ひとすじ150年!金沢の老舗お麩専門店です。

甘いものが苦手な方はいると思いますが、お味噌汁嫌いな人はあまりいないですよね。

「ふやき御汁宝の麩」は具材をふやきで包んだお味噌汁やお吸い物。

甘いものが苦手な方や、1人暮らしの方にぴったりなお土産です。

f:id:naconeco:20170512110749j:plain

加賀味噌・おすまし・赤だしなど色々な味があり、ふやきの形も様々です。

ふやきの真ん中に指で穴を開け、穴めがけてお湯を注ぐと…

f:id:naconeco:20170512135224j:plain

ふわぁぁぁあっと、中から色とりどりの具材が溢れ出します!

お味も非常に上品で、お湯でふやけたふやきがとろとろもちもちで絶品!

見て楽しい、作って楽しい、食べて美味しい、三拍子揃った逸品です。

 

 

柴舟小出(ひがし茶屋街)

f:id:naconeco:20170512110759j:plain

加賀銘菓と言えば柴舟小出、こちらも大正6年創業の老舗です。

生姜好きの人には魅力的な商品が並びます。

f:id:naconeco:20170512110806j:plain

柴舟小出で一番有名なのがその名も「柴舟」加賀百万石の伝統銘菓と言われています。

生姜煎餅と表現するのが一番近いでしょうか。

柴を積み川を渡る船を柴舟と言い、その形に似せた煎餅に生姜汁と砂糖を摺り合わせた生姜蜜がかかっています。

実はこれ、儚げな見た目に反してかなり辛くて刺激的!

生姜の辛みが苦手な人や、お子さんにはちょっと厳しいくらい、ヒーーハーーします。

でも、これが病み付きになるのです。

f:id:naconeco:20170512110814j:plain

そして、求肥にたっぷりの生姜が入った「しょうが餅」

パッケージにも版画風の生姜の絵が描かれ、巾着に入っているのでお持たせやお土産に最適です。

f:id:naconeco:20170512110820j:plain

「柴舟」よりも生姜味がマイルドなので、お子さんでも食べられます。

餅好き&生姜好きのわたしとしては、外せない一品です。

 

 

美味しいお土産七尾編

次は、七尾輪島編で立ち寄ったお店で購入したお土産をご紹介。

初心者向け金沢&能登旅行おすすめ観光コース(七尾輪島編)

 

昆布海産物處しら井(一本杉通り)

f:id:naconeco:20170512110938j:plain

創業80年のしら井は、老舗昆布店。

和食好きとしては爆買いしそうになるくらい、魅力的な商品ばかりです。

昆布巻き、美味しそうだったなぁ…今回はこの後に予定があったので乾物のみ購入。

写真右は「奥能登原木栽培干椎茸」

干してあるはずなのに肉厚で大きい!これでお出汁を取るのが楽しみです。

f:id:naconeco:20170512110954j:plain

そしてご飯のお供に「椎茸昆布」も。

スーパーに売っている椎茸昆布より、椎茸はプリプリだし昆布は分厚いし、ほんのちょっとでご飯がもりもり進みます。

「ふやき御汁宝の麩」のお味噌汁と一緒に、即席なのに絶品朝ごはんの出来上がり。

f:id:naconeco:20170512110945j:plain

万年ダイエッターのおやつに欠かせないのが「お摘み昆布」

こちらも、スーパーで売っているものとは比べ物にならないくらい、昆布が分厚くしっかりしていて、噛めば噛む程旨味が口一杯に広がります。

もっと買ってくればよかった…

昆布海産物處しら井

 

高澤ろうそく店(一本杉通り)

f:id:naconeco:20170512111006j:plain

美味しいものから、ちょっと脱線。

今回唯一の食品以外のお買い物は、買おうと決めていた「菜の花ろうそく」

明治25年の創業以来、蝋燭職人が1本1本丁寧に手作りしています。

植物原料から作られる和蠟燭は、消えにくい安定した炎と油煙が出ないのが特徴

就寝前の数時間、蝋燭の明かりを取り入れたいなと思っているのですが、匂いや油煙の出ない和蠟燭が適任では?と購入してみました。

 

 

旅先のスーパーはお土産の宝庫!

f:id:naconeco:20170512111049j:plain

最後はおまけのスーパー編です。

旅先では必ず地元の「スーパー」に立ち寄ります、理由は地元の人が普段買うものが一通り揃っているから。

厳選して購入したのはこちらの3点。

1.「奥能登のしお」株式会社カジマート(石川県河北郡)

2.「能登牡蠣だしつゆ」直源醤油株式会社(石川県金沢市)

3.「加賀棒茶あん」株式会社真田製あん(石川県金沢市)


我が家では能登のお塩を愛用していますが、こちらのお塩は初めて見たのでお試しに。

能登はいしる(魚醤油)が有名なのですが、使い切る自信がなかったので使いやすいだしつゆを購入、これ絶対美味しいと思う。

そして、加賀棒茶味の餡子!餡子マニアは旅先でも餡子に貪欲ですっ。

他にも、蒲鉾コーナーやお麩コーナーが充実していたり、東京ではまず見ないようなお魚が並んでいたりして、スーパーって何時間いてもワクワクが尽きません。

 

楽しかった美味しかった、また来年!

3回に渡ってお送りしてきた金沢&能登旅行特集、長々とお付き合い頂きありがとうございました。

良く食べ、良く歩き、自然を満喫し。

大好きな母の生まれ故郷、わたしのルーツはここにあるのだなぁとしみじみもしました。

今年は、初めての人でも楽しめるコースでしたが、来年はまた違った観光案内を出来ればと思います。

お盆休みや三連休にも、サクっと行ける金沢&能登旅行。

是非参考にしてみて下さいね!

 

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。
ランキングに参加しています。
応援クリック、いつもありがとワン!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村