読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

保存容器界の王様、野田琺瑯のホワイトシリーズ

f:id:naconeco:20160829093009j:plain

母から伝授された、良いものを長くの精神は、暮らし全体に及んでいます。
買う時は吟味して、使う時は長く大切に、がわたしのモットー。

本日は、愛用している方も多い、野田琺瑯の保存容器のお話です。

 

琺瑯づくり一筋82年の情熱

野田琺瑯株式会社
1934年の創業以来、琺瑯一筋の老舗琺瑯製品メーカー。

保存容器や調理器具など、シンプル且つ機能的な製品を展開しています。
「琺瑯の保存容器と言えば野田琺瑯」と言って過言ではない、品質と知名度です。

”道具は人の手だすけになり、心がやすらぎ、安心して使えるものでなければ…”

便利で安価な素材が溢れる現代。
そんな中、コンセプトからも琺瑯からもブレることなく製品作り続けている野田琺瑯。

多くの人々に愛用されているのは、そんな野田琺瑯の想いが形になっている証拠ですね。

我が家にあるのは、ホワイトシリーズの保存容器8個とバターケース

保存容器は全て母が使っていたもの。
蓋を買い替え、随分前から使っていたように思います。

▼バターケースについてはこちら

 

好きな理由1.匂い移りゼロ、汚れが落ちやすくずっと清潔

f:id:naconeco:20160829093316j:plain

色は付くわ、匂いは取れないわ、何度洗ってもペトペトするわ…もう!
プラ容器にカレーを入れて、こんな体験をした方も多いのでは?

マヨネーズ、バター、豚肉の油、揚げ浸しの野菜…

ギトギトしがちな油分も、表面がガラス質の琺瑯なら石鹸洗剤でキレイに落ちます

長時間食べ物を入れておいても、匂い移りすることもありません。

酸や塩分に強いため味の変質がなく、何年経っても清潔に使える。
食べ物と向き合う上で一番大切なことを叶えてくれます。

※ただし、シール蓋は色や匂いも付きます。わたしは蓋に付くほどの量は入れないので気にならないのですが、気になる方は琺瑯蓋の取り扱いもあります。

 

好きな理由2.直火&オーブン調理可で面倒くさがりに嬉しい

f:id:naconeco:20160829093038j:plain

琺瑯は直火OKなのがありがたい。

カレーを入れて冷凍しておいて、そのまま火にかけて温める。
ゆで卵の皮を剥いたら、容器にタレと一緒に入れ火にかけ煮卵を作る。
直火で出来た焦げは、重層を入れて沸騰させれば大抵は落ちます)

こんな手抜きができるのも、面倒くさがりには嬉しいポイントです。
お鍋洗う手間が省ける省ける〜♪

また、レクタングル浅型はオーブン調理にぴったり。
キッシュを焼いたら、そのまま食卓へ出し残りは蓋をして保存、と便利に使えます。

最近は、お菓子作りにも一役かっています。

白い琺瑯は、食卓にそのまま出しても違和感ないのも良いところ。
プラ容器だと、さすがにそのまま出す訳にはいきませんものね。

 

好きな理由3.スタッキングできてスッキリ収納

f:id:naconeco:20160829093047j:plain

わたしが使っているのは以下4つのサイズ

スクエアS     W106×D100×H54 容量0.32L
レクタングル深型S W154×D103×H57 容量0.5L
レクタングル深型M W183×D125×H62 容量0.85L
レクタングル浅型M W252×D188×H48 容量1.4L

レクタングルシリーズは深型も浅型も、同じサイズ同士で重なります。
わたしはいつも、冒頭の写真のようにスタッキングして収納しています。

ただし、スクエアSは上の写真の通り、重ねるというよりはまっているだけ。
スクエアシリーズも、きちんと重なるようになったら嬉しいな。

 

好きな理由4.蓋は別売り可、一生使える保存容器


野田琺瑯のいいところは、蓋だけ単品で買えること!

部品も買えず、修理もできず、大切にしてきたものとサヨナラするのは切ないですよね。

保存容器に限った話ではないですが、ものを長く使いたい人にとって、部品単体で購入できるというのは、ものを選ぶ条件や基準にもなります。

今使っているのはシール蓋タイプですが、琺瑯蓋や密閉蓋の取り扱いもありますよ。

 

お弁当箱にも調理道具にも、毎日の相棒です

f:id:naconeco:20160829093401j:plain

会社員時代、レクタングル深型Sにサラダを入れ会社に持参していました。

ドレッシングをかけて、そのままムシャムシャ。
真っ白な容器は見栄えもよく、お皿変わりにもなります。

スクエアSの1つにカレー、もう1つにお米を入れお弁当にしたことも。

今はお弁当を作る必要がなくなったので、もっぱら食材や作り置きの保存用です。

■スクエアS
梅干しや分葱、水を張り生姜を入れて保管。

■レクタングル深型S
お豆腐1丁、もやし1袋分のナムル、ゆで卵6つがぴったり。

■レクタングル深型M
片手鍋で作った煮物がちょうど収まります。キノコ類の保存にも◎

■レクタングル浅型M
オーブン調理以外にも、お肉や魚の下味付けやフレンチトーストを作る時にも大活躍。

こんな感じで、毎日あれやこれやと愛用中。
スタメン選手が多過ぎて、冒頭の写真を撮るために、中身を出して洗いました(笑)

昔から、冷蔵庫を開ければ、いつだって野田琺瑯がありました。

母の味と思い出がつまった、真っ白な容器。
味を再現できる腕はないけれど、容器と思い出は大切にしています。
しかし、お料理って難しい…なかなか上達しなくて困ったもんだ。

▼ 商品情報
上からスクエアS、レクタングル深型S、レクタングル深型M、レクタングル浅型M

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。
ランキングに参加しています。
ひとりといっぴき、励みになるワン!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村