ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

ネガティブでもいいじゃない!マイナス思考と上手に向き合う方法

f:id:naconeco:20170731160134j:plain

ゴリゴリのマイナス思考人間です。
若い頃は、ポジティブになれない自分が嫌になったこともありました。

本日は、マイナス思考も向き合い方次第でプラスになる、そんなお話です。 

  

根っからのマイナス思考です

長女気質、なのでしょうか。

自由気ままな弟に比べると、幼い頃から神経質で心配性

母に「ここで待ってて」と言われたら、1㎜も動かず地蔵の如く固まる子どもでした。

弟はちょっと目を離すといなくなる子だったので、姉は「ここで待っててと言われたのに、弟を連れ戻さなきゃだし、その間に母が戻ってきたら?」という自問自答で心臓が張り裂けそうになっていました。

今も、根本は変わっていません。

例えば、何か初めての手続きをするとします。

夫は「わからなかれば聞けばいい」というタイプですが、わたしは「もし○○だったら?もし○○って言われたら?」というタイプ。

「もし…」と思わずにはいられない、むしろ想像することが安心につながっているのです。

 

マイナス思考のダメな所

マイナス思考の一番ダメな所は、相手にまで伝染してしまうところ

楽しい空気をネガティブな空気で覆ってしまい、それに気がついて落ち込むという悪循環…おおらかさに憧れつつ神経質になる自分に、悩んだ時期もありました。

「もっとポジティブに考えなきゃ!」と言われるほど落ち込む(笑)

でも、もともとの性格は人生が変わるくらいの経験をしない限り、治したり変えたりすることは難しいのが現状。

性格を変えられない分「人に不快感を与えないマイナス思考」を心掛けています。

 

マイナス思考と上手に向き合う方法

f:id:naconeco:20170731160150j:plain

マイナス思考は上手に向き合えば、相手に迷惑をかけたり嫌な気持ちにさせることを防ぎ、自分自身にもプラスになることがあります。

 

口に出さない伝染させない

「でも」「だけど」「どうせ」マイナス思考な人が言いがちな否定的な言葉、聞かされる相手は、たまったもんじゃありません。

マイナスな考えは自分の中に留めて、いくらでもウジウジすればいい、口に出して相手までブルーな気持ちにさせるような事はしないことです。

親身になってくれる人を否定しかねないので、ネガティブな相談事も避けるのがベター。

マイナス思考の人の相談内容って、聞く方からすると同調してほしいだけの「かまってちゃん」に聞こえるので。

 

最悪を想定し備える力を養う

マイナス思考の妄想力はなかなかのもの、これを利用して常に最悪のパターンを想像しておくと、実際に最悪の事態になった時、ダメージが少なくて済みます

心配なら、様々な結果を想定してとことん心配しておく。

実際、会社員時代のゴタゴタは、この最悪を想定していたからこそ乗り切れました。

▶︎好きを仕事にしなくても大丈夫、人生の糧を増やす6つの心得

せっかくの妄想力、広い視野を持って観察し、備える力に還元しましょう

期待しすぎないのは、マイナス思考のいい所、かもしれませんね。

 

切り替え力を身につけ次へ進む

備える力にプラスして、切り替える力を身につけると最強です。

色々な可能性を想定しておけば、結果の良し悪しに関係なく軌道修正ができます。

仕事や家事育児、人間関係など日々悩み事は尽きないものですが、マイナス思考と言えどもいい大人ですし、やらねばならない事は山積み、立ち尽くしているわけにも行きません。

こうなったら「どうせ」でもいい!

「どうせこうなると思った、最悪だ、どうせ次はこうなるでしょ!」そうやって次へ次へ進めていけば、立ち止まらずに済みます。

マイナスの力を使って、プラスに転換させましょう。

 

身近な人に一番の気遣いを

友達や同僚って、いくら仲良しでも気を使いますよね。

ところが、親兄弟やパートナーになると気が緩んでしまうのも事実、つい愚痴っぽくネガティブトークを繰り広げてしまう時があります。

わたしも週末やらかして反省中です…

相手がマイナス思考な人ならまだしも、プラス思考の人の場合、迷惑以外のなにものでもありません。

親しき仲にも礼儀あり、身近にいる人への気遣いを忘れないこと。

考え方は人それぞれ、気遣いさえ忘れなければ、石橋を叩きまくる慎重で神経質な性格でもいいじゃない!そう思っています。

 

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。
ランキングに参加しています。
応援クリック、いつもありがとワン♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村