ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

老犬の爪切りに四苦八苦…爪切りの必要性と上手に切るコツとは

f:id:naconeco:20161029113331j:plain

忍び寄る魔の手…ではなく、我が家の爪切りタイムです。
爪切り大嫌いおばあちゃん、いつも寝込みを襲って切っています。

本日は、四苦八苦しつつ臨んでいる爪切りのお話です。 

 

爪の成長は犬それぞれ

案外スクスクと伸びる犬の爪。
そのスピードは年齢や体格、運動量によって異なります。

アスファルトの上でたくさんお散歩している場合は、自然に削れますし、体重が重いほど爪が削れやすいので、大型犬の方が伸びが遅くなります。

逆に、運動量が減る老犬は、伸びるのが早い!

みかんも若い頃は、毎日山道をお散歩していたので、狼爪(地面に着かない親指部分)だけカットしておけば、あとは自然に削れていました。

ところが、歳をとり歩く距離が短くなるほど、爪がどんどん伸びるのです。

 

爪切りの必要性

爪を切らずに放置すると、様々な弊害が生まれます。

・肉球より先に爪が地面に着くため、正しい歩行が困難になる
・爪が、草や絨毯などに引っかかり、転倒の原因となる
・爪を何かに引っ掛けた際、爪が折れるなど負傷の原因となる
・爪は湾曲して伸びるため、皮膚や肉球に刺さってしまう

そして、人間の爪と違うのは、爪の中に血管が通っているところです。

先端部分は血管がありませんが、爪と一緒に血管も伸びるため、爪を放置してから本来の長さに切ると血管も切ることになり、出血してしまうことも。

なので、日々爪を観察し、定期的に爪切りをすることが大切なのです。

 

爪切りの種類

f:id:naconeco:20161029115450j:plain

爪切りの種類は大きく別けて2種類。
爪を穴に通して切るギロチンタイプと、ハサミ式のニッパータイプのものです。

わたしは、ニッパータイプを愛用中。
上がギロチン、下がニッパーです。

ニッパーは爪以外の部分を傷つけそうで怖い、そんな方はギロチンタイプがおすすめです。

 

爪切りのコツ

f:id:naconeco:20161029121440j:plain

(アトピーおばあちゃん、手が荒れていますがご了承下さい)

爪が白い子場合

1.犬の足先、肉球部分を握って動かないよう固定
2.透けて見える血管の手前に爪切りを当て、動かないことを確認して切る
3.ハサミで角を落として丸くするか、ヤスリで角を整える

 

爪が黒い子の場合

1.犬の足先、肉球部分を握って動かないよう固定
2.爪先から数回に別けて切り進め、断面に血管の先が見えたら止める
2.または、日光に爪を当て、血管が透けて見えたらその手前で切る
3.ハサミで角を落として丸くするか、ヤスリで角を整える

ヤスリで整えるのが、1番綺麗に仕上がりますが、一度手を離すと暴れてしまう場合は、そのまま続行!ハサミで角を整えて下さい。

嫌がって暴れる、怖くて切れないなど、セルフカットが難しい場合は、無理をせず動物病院やトリミングサロンへGO!です。

 

爪切りの頻度は?

これは、冒頭でお話したように、年齢や体格、運動量によって異なります。

強いて言えば、床を歩く時の音が「カツカツ」から「チャカチャカ」に変わった時。
これは、肉球より先に爪が床に当たっている証拠です。

ただし、地面に着かない狼爪は、音もしなければ伸びも早いのでよく観察して下さい。

 

大切なのは慣れさせること

f:id:naconeco:20161029123535j:plain

若い頃に、ほとんど爪切りを必要としなかったみかん。

爪切りを見せると、怒ります(笑)

後脚はなんなく切れるのですが、問題は爪切りが視覚に入る前脚。

苦肉の策で、寝ぼけている寝込みを襲って切っています。
ただ、10本切るほど寝ぼけていてはくれないので、数日に分けて切る始末…

歯磨きもそうですが、大切なのはパピーの頃から慣れさせておくことです。

爪切りを見ても怒らないように、そして手を握らせてくれるように、切る必要がなくても定期的に爪切りを持って手を握り、爪チェックをして下さい。

爪切りの度に、羽交い締めにするのはかわいそうですからね。

 

▼犬だって歯磨きが必要です

▼良い獣医さんの条件

▼おばあちゃんのボケ防止策

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。
みかんさん、そろそろ親指切らせてくれんかのぉ…
応援クリック、いつもありがとワン♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村