読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

寝起きの悪さを治す方法、3ステップで毎朝会いたい人になる

f:id:naconeco:20170227151905j:plain

良いものを長く大切に、これは母から伝授された暮らしの指標です。
その母の教育は少し独特で、今思うと面白いものばかりでした。

本日は、寝起きの悪い娘に対し母が実践した朝の習慣のお話です。

 

寝起きはいいが機嫌が悪い

秒速で寝て瞬時に起きる、寝付きも寝起きもいいのは昔からです。

ただね、パッと起きれるが、機嫌だけはすこぶる悪いという厄介な体質で…

朝の忙しい時に、ムスッとしているとか、母の立場から考えると最高に面倒くさい娘です!

基本的に、自ら考えて行動しなさいという教育方針だったので、母から「◯◯しなさい」と言われたことはほとんどありません。

それにしたって、朝っぱらからご機嫌斜めな娘には、小言のひとつも言いたかったはず…よく耐えていたなと思います。

 

母が定めた朝の3ステップ

f:id:naconeco:20170227151949j:plain

母はこの最高に面倒くさい娘に、毎朝の3ステップ踏ませていました。

最初は渋々母の儀式に付き合っていたわたしも、大学生になる頃には自らアクションを起こすように。

ご機嫌斜めな娘が改心するまで、随分と時間が掛かりました(笑)

 

1.朝の第一声は大きな声で

まずは基本の挨拶。
大抵キッチンから満面の笑みで「おはよう!」が飛んできます。

無視しようもんなら「おはようは?」と催促され、「…ぉは…ょ」声が小さいと「聞こえない」とお叱りが。

高校生くらいまで、毎朝おはようにダメ出しされていました。

目覚めの第一声って、大事です。

口先だけで喋るのではなく、お腹の中から大きな声でおはようと言うだけで、自然と脳みそが動き出します。

 

2.自然を眺め日光を浴びる

次に「朝焼けがキレイよ」とか「メジロが来てたよ」とか「桜が咲き始めたよ」とか自然の話をされ、それを見るよう促されます。

東京の田舎町、自宅前の川や、庭の木々、動物、観察対象は無限大です。

見て来いと言われると、必然的に窓際に行き朝日を浴びることになります。

実は、太陽の光を浴びると、交感神経が刺激されることでセロトニンが分泌され、眠っていた脳が覚醒されるという効果があります。

母がこの効果を知っていて実践していたかはわかりませんが、朝焼けを眺めたり外の空気を吸うと、自然と心が穏やかになりました。

 

3.昨日を振り返り脳を始動

第一声を発し、日光浴をした所で、次は昨日の話をされます。

「昨日は寄り道したの?」とか「遅くまで課題やってたの?」とか、他愛のない話です。

でも、昨日の事って案外忘れがち、思い出す作業はけっこう頭を使います。

この作業のメリットは、昨日を振り返ると今日やることを思い出すので、自然と脳内で1日のToDoリストを組み立て始められること。

高校生になると帰宅が遅くなる日が増えたので、コミュニケーションを増やす意味もあったのだと思います。

 

3ステップを続けた結果 

長年の習慣だった朝の3ステップ、母亡き後もずーっと続けています。

1人でも「おはよう!」と言い、カーテンと窓を開けしばし朝焼けを眺めて外の空気を吸い、支度をしながら「昨日はブツブツ…」と呟く。

おかげで、彼には「寝起きが悪いと思ったことはない」と言われますし、頭が冴えて整理されるので、1日のタスクがスムーズに進みます。

空を見上げたり、四季の移ろいを感じたり、自然の変化を楽しめるようにもなりました。

景色を眺める心の余裕がない時、3ステップを思い出し我に返ったことも。

 

朝のイメージは社会を制する

母と繰り返した朝の儀式は、社会人になった時とても役立ちました。

サラリーマン時代のわたしは、毎朝こんな感じでした。

「おはようございまーーす!」
「今日お天気いいですね」
「駐車場の梅が咲きましたね」
「昨日あれからどうなりました?」
「残業してましたけど大丈夫です?」

挨拶から始まって、天気の話をして、仕事の話をしつつ相手を労る。

すると、相手も自然に仕事モードに切り替わってくれるので、お願いしていた仕事もスムーズに進みます。

そのうち「昨日の満月大きかったよ〜見た?」なんて話し掛けてくれたり。

「朝会えると元気でるよー」とか「今日も頑張れる」と言われたり。

おじさま方に言われると半ばセクハラですが(笑)朝のコミュニケーションで機嫌良く仕事をしてくれるなら、むしろご機嫌取ったもん勝ちだと思っていました。

そして、気がついたのです。

母は娘に対して「相手を自然とご機嫌にさせる作戦」を実行していたのだと!

 

朝こそ気持ちを正すチャンス

f:id:naconeco:20170209122654j:plain

大人になると、矛盾と向き合わなくてはならない事ばかり、努力は必ずしも報われないし、心が折れるなんて日常茶飯事です。

でも、社会人である以上、条件や周囲に合わせる事も必要な訳で。

そうなると、自分本位で自由にコントロール出来るのは「気持ち」です。

嫌なことや辛いことがあっても、寝て起きて少し気持ちがリセットされた状態で気持ちを正せば、また今日も1日頑張れる。

だから、朝はチャンスなのです。

ついでに、周りも巻き込んでしまえば、自分にもプラスに働く。

「朝会いたい人」でありたい、そうすればきっと良い空気の流れを作れる気がします。

 

▼朝白湯で身体の中から気持ちよく

▼革靴に出会ったのも母の教え

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。
みかんは寝起きでもご機嫌でした♪
応援クリック、いつもありがとワン!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村