ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

カリモク60「Kチェア」は長く使えるシンプルなソファ

f:id:naconeco:20170710104922j:plain

母から伝授された、良いものを長くの精神は、暮らし全体に及んでいます。
買う時は吟味して、使う時は長く大切に、がわたしのモットー。 

本日は、毎日座って溺愛しているソファのお話です。

 

カリモク60(ロクマル)とは? 

f:id:naconeco:20170710104935j:plain

カリモク60(ロクマル)は、1947年に創業した愛知県の家具メーカー「カリモク家具株式会社」が展開する家具ブランド。

輸出家具用の木肘を生産して培った技術をいかし、1960年代に初めて発売した自社製品が、今回ご紹介する「Kチェア」でした。

時代の流れにより、60年代に発売した家具は身を潜めることになりますが、D&DEPARTMENTの代表ナガオカケンメイ氏の働きかけにより再び脚光を浴びます。

「Kチェアと60年代から作り続けている家具を「カリモク60」というブランドにしたい」とカリモクに呼びかけます。

その提案は一度は賛同を得たもののなかなか実現に向かいませんでした。ナガオカは粘り強く提案を続け、実に2年越しでその想いは実り「カリモク60」が誕生したのです。

引用元:D&DEPARTMENT公式HP

Kチェアをはじめとするカリモク60の家具は、長く使えるシンプルなデザインと、日本の老舗企業ならではの丈夫さと長く使えるサポートが特徴。

「良いものは時代を超えて愛される」まさにロングライフデザインのお手本のような家具と言えるのではないでしょうか。

D&DEPARTMENTについては、こちらの記事も書いています。

染め直しで白シャツが甦る!D&DEPARTMENTの藍染めプロジェクト(前編)

 

ずっと憧れだったソファ

f:id:naconeco:20170524124738j:plain

新卒時から薄給を少しずつ貯めていた、1人暮らし軍資金。

そのお金でぜったいに買う!と決めていたのがこのKチェアでした。

学生時代に有名なデザイナー家具は一通り勉強したのですが、1脚何十万のデザイナーズチェアより、D&DEPARTMENTで見た素朴なのに存在感のあるKチェアに一目惚れ

これが人生最初の憧れの家具。

アパートの入居日が決まったその日に、カリモク60の新宿店に出向きKチェアを注文、冷蔵庫より何より先に注文したんです(笑)

 

Kチェアが好きな5つの理由

f:id:naconeco:20170710104956j:plain

入居時から生活を共にして、4年と少しが経ちました。

我が家で愛用しているのは、Kチェアの2シーター、色はスタンダードブラックです。

 

1.長く使えるサポート体制

購入から3年は保証が付きますが、その後も取り外せる部品は全てパーツ単位で購入出来るため、パーツ交換ができます。

クッションだけヘタってきた、ペットに肘掛けをかじられた、そんな時パーツ交換できると長く使えます。

家具は長期間使うもの、丈夫さはもちろん修理に対する姿勢も重視します。

カリモク60の家具は、デザインや仕様が変わることはないのでずーっと使え、パーツ交換以外の修理も有料で対応してくれます。

 

2.日本人の体型にあったサイズ

椅子の座面が深過ぎたり座高が高いと、足がブラつく典型的な短足です。

加えて、腰痛持ちなので椅子にはきちんと座りたい。

Kチェアは「チェア」の名前の通り、カリモク60の中では一番椅子に近いデザインで、160㎝の短足が背もたれにしっかり背中をつけても、足が床にちゃんとつきます。

同じカリモク60の「ロビーチェア」はもう少しゆったりした座り心地です。

 

3.洋室にも和室にも合うデザイン 

我が家ではフローリングの部屋に置いていますが、カリモク60の家具を和室で使っている方もたくさんいます

和室に置くと、一気にレトロな雰囲気になるから不思議。

買い替えが容易でない大型家具は、インテリアの種類を問わない方が応用が効きますよね。

 

4.素人でもメンテナンスしやすい

女性1人で分解も出来ますし、合皮タイプは中性洗剤を薄めた液で拭き掃除も可能です。

ペットや小さなお子様がいる場合は、生地タイプより、汚れをサッと拭き取れる合皮タイプの方がお手入れもしやすく長く使えます

 

5.ソファの下まで掃除できる

掃除機やフローリングモップが絶妙に入らないソファってありますよね…Kチェアは、床とソファの間に充分な隙間があるので、お掃除も楽々です。

1人でも動かせるので、模様替えやお掃除の時に気軽に動かせるのもいいところ。

 

リビングテーブルもお揃いで

f:id:naconeco:20170710105005j:plain

引っ越し当初は、愛犬もソファの上がお気に入りでした。懐かしいなぁ…

今は、スペースを確保するために仕舞っているのですが、カリモク60のリビングテーブルも愛用中。

ウォールナットの渋さがお気に入りなので、広い家に引っ越したらまたKチェアと合わせて使いたいです。

4年間毎日座っていますが、ヘタリもガタつきも皆無!修理の必要もなし!

コンパクトな日本のお家にぴったりなKチェア、ところが180㎝越えの彼には少し小さいようで、ロビーチェアの3シーターを買い足したいねと話しています。

値段が値段なので、要家族会議です…

 

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。
ランキングに参加しています。
応援クリック、いつもありがとワン♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村