ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

ハンドタオルにさよなら!便利で小粋な「ハンカチ」のすすめ

f:id:naconeco:20170915131904j:plain

「何歳になっても着れるデザイン、何年でも着れる良い素材」
ファッションにおける条件を定めて早10年、お気に入りやこだわりを紹介しています。

本日は、ファッションの一部?なハンカチのお話です。

 

きっかけはメンズファッション

f:id:naconeco:20170915131931j:plain

学生の頃は、ハンドタオルやタオルハンカチと呼ばれるものを好んで使っていました。

ところが今では、ザ・ハンカチのような「木綿のハンカチーフ」を愛用中。

きっかけは、前職の男性社員たち。

アパレル会社故に、過度にラフ(短パン、ダメージデニム等)でなければ服装は自由、そんな中でポケットからハンカチを覗かせている男性が多かったのです。

リジットデニムの後ろポケットから、バンダナ柄がチラリ。

紺ジャケットのポケットから、ギンガムチェックがチラリ。

聞けば、手を拭く実用性とおしゃれを兼ねていて、毎朝「どのハンカチにしようかな」と選んでいるのだそう。

なんて粋なんだろう!

メンズファッション大好き人間は、すぐに感化されて真似っこしたのです。 

 

ハンカチって万能!6つの利点

f:id:naconeco:20170915132614j:plain

小学生以来のハンカチ、使ってみれば快適なことばかりでした。

生活感のあるタオル生地に比べると柄も豊富でおしゃれ、今やすっかりコレクターに。

 

1.薄くて嵩張らない

f:id:naconeco:20170915132602j:plain

バッグの中でも、ポケットの中でも、収納する時も、とにかく薄いので嵩張りません。

タオル生地は小さくてもある程度の厚みが出ますが、ハンカチなら45㎝四方でも畳めばコンパクト、大きいくせに小さくなる便利な奴なんです。

 

2.薄いからすぐ乾く

部屋干しでも速攻で乾きます!

干す前にアイロンをかければスチームなしで綺麗に仕上がりますし、かけ終わった頃には乾いています。

アイロンはかけたりかけなかったりしますが、シワのないハンカチは気持ちがよいですよ。

 

3.磨耗が少なく長持ち

タオル生地は毛足が長く、洗濯を繰り返すことで磨耗し薄くなります。

ハンカチは綿100%の布切れなので、毛が抜けることがなく糸が痩せるスピードも遅いので、ハンドタオルよりも寿命が長いです。

 

4.荷物を美しく隠す

f:id:naconeco:20170915132543j:plain

オープンなバッグを使う時は、中身が見えないようフワっとハンカチを被せています。

鞄や服装に合わせて柄を選べば、隠してる感も緩和できます。

畳む回数でサイズ調整できるので、鞄の大きさも問いません。

 

5.包んで良し敷いて良し

f:id:naconeco:20170915132529j:plain

お弁当を包んで、食事の時はランチョンマット代わりに。

ハンカチのサイズは45㎝×45㎝が主流ですが、一回り大きいバンダナは53㎝×53㎝。

バンダナサイズになると包めるものが増えるので、旅行時にはパッキング用としても重宝しています。

 

6.スカーフ代りにも!

f:id:naconeco:20170915132403j:plain

柄や生地を選べば、スカーフの代わりに首に巻いてもおしゃれ、日焼けが気になる時や冷房が寒い時に、サッと巻いて使っています。

前で小さいリボンを結んでも良いし、後ろで結んでスタイ風に巻いても素敵です。

 

手を拭く前に水気を切ること

吸水性は問題ありませんが、タオル生地よりは吸収できる水分量が少ないです。

手を洗って、びしょ濡れのまま手を拭くと、ハンカチまでびしょ濡れになるので、パッパと水気を切ってから拭くのがコツです。

 

おすすめはハンカチ専門店HTOKYO

f:id:naconeco:20170915132337j:plain

ハンカチ専門店「H TOKYO」商品はすべて日本製で、素材や縫製、プリント技術にいたるまでこだわり抜いたハンカチが並びます。

生地も柄も豊富で迷っちゃう!

オプションで刺繍も入れられるので、贈答用としても利用しています。

「H TOKYO」はメンズ用ハンカチですが、同系列の「swimmie」はレディース用です。

▶︎ハンカチ専門店 H TOKYO
▶︎ハンカチ専門店 swimmie(スイミー)

たかが布切れ、されど布切れ。

畳んだ時に歪まずきっちり角が揃うのは、さすがだなと思います。

 

ハンカチとティッシュ持った?

f:id:naconeco:20170915132747j:plain

我が家に現存する最古のハンカチ(笑)がこちら、絵本『しろくまちゃんのほっとけーき』の一番好きなページがプリントされています。

「たろう」と母の字で書かれているので、おそらく弟が幼稚園に通っていた頃のものかと。

玄関で「ハンカチ、ティッシュ持った?」と言うのが母の口癖。

大人になった今も「ハンカチ、ティッシュ、スマホ、鍵…」と呟いているのだから幼い頃からの習慣ってすごい。

冠婚葬祭用だけじゃない、たまにはタオル以外のハンカチ、使ってみてくださいね。

 

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
応援クリック、いつもありがとワン♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村