ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

長く大切に使えるもの探し、買い物で失敗しない5つの秘訣とは?

f:id:naconeco:20170113182429j:plain

母から伝授された、良いものを長くの精神は、暮らし全体に及んでいます。
買う時は吟味して、使う時は長く大切に、がわたしのモットー。

本日は、ちょっと極端な?わたしのお買い物方法のお話です。

 

苦手から始まった買い物方法

買うと決めたら、それを目指して行き、買ったら脇目も振らず帰宅!

これがわたしの買い物スタイルです、もちろん1人で行きます。

他の商品、基本見ません。
他のお店、基本寄りません。
直行直帰です(笑)

目的がなく時間の無駄に感じるので、ウィンドウショッピングが苦手。
店員さんに話し掛けられるのも苦手。

そもそもは、この「苦手」から始まった今の買い物スタイル。

おかげで、無駄な買い物や失敗は、ここ数年ありません。

 

秘訣1.欲しいものリストは一旦寝かせる

iPhoneのメモ帳に「持ち物リスト」と「欲しいものリスト」をつけて管理しています。

欲しいものが出来た時は、まず持ち物リストを見ます。
すると、類似品があったりして、我に返れるのです。

色々検討した結果必要なくなったり、寝かせているうちに欲しい熱が冷めることも。

だから、その場の欲に振り回されず、必ずひと呼吸置きます。

 

秘訣2.一投入魂!地道に調査し検討する

「これが欲しい」場合、それがどのような背景を持っているか、メーカーやブランドの歴史や、素材や機能について確認します。

「こんなものが欲しい」場合、いくつか候補を挙げ、それぞれを調べて比較します。

長く使える、が大前提なので修理対応の有無やメンテナンスのしやすさも考慮します。
類似品や価格面の比較も忘れずに。

ものの背景を知ると、自ずと愛着が沸いてきます。

 

秘訣3.実物を見る、試着する、お直しする

これだというものが見つかったら、必ず実物を見に行きます。

写真と実物の差は大きい、「やーめた」と気が変わる事もしばしばです。

洋服の場合は、試着をし、必要ならお直しもします。
自分のベストな状態にすれば、長く快適に使えますよ。

 

秘訣4.最終決定は、一軍選手であるか否か

実物を見て納得した、さぁ買おう!

と、その前に必ず確認するのは「一軍選手であるか」ということ。

実物を見て気に入って…テンションが上がっている所でいったん冷静に。

せっかく良いものを買っても、出番が少なければ宝の持ち腐れ。
長く大切に使うのであって、長く保管しておくのではありませんからね。

 

秘訣5.セールやアウトレットは上手に使う

セールもアウトレットも基本的に行きません(福袋も買った事ありません)

買うと決めていたものが、値下がりした場合のみ利用します。

実物を見て決心を固めておき、ネットショップで値下がりしたりポイントが付く時を狙うこともあります。

使えるものは上手に、です。

 

お金は時間、使う時も大切に

アパレル業界で働いていたので、お洋服も靴も鞄も大好き。
文具やキッチン用品など、道具類も見ているだけでワクワクします。

でも、もしお金に余裕があっても、物欲にままにものを買うことはないと思います。

人生の時間を割いてお金を稼ぐ訳ですから、お金=時間、です。

無駄な買い物のために、無駄な時間を割く事も無駄なお金を使うこともしたくない。
どちらも、慎重に大切に使いたいと思っています。

 

ちなみに…こんなわたしもウィンドウショッピングする時があります。

スーパーや市場、道の駅など、おいしいものがある所。
そして、本屋やキャンプ用品店です。

全く知らなかったものに出会える場所は、大好きなんです♪

 

▼寝かせまくって出会ったスカート

▼母の要望に答えて探した電気ケトル

▼洋服を選ぶ時の条件はこちら

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。
そう言えばみかんのドッグフードも調べ尽くしたなぁ(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村