ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

やっぱり地髪が1番、髪の毛の断捨離で気づいたこと

f:id:naconeco:20161005132905j:plain

切ったどー!
と言う程でもないのですが、先週末5㎝程カットしてきました。
本日は、約1年半かけて実践した髪の毛の断捨離についてお話します。

 

きっかけは美容費の節約でした

わたしは会社員時代から、みかんの介護生活を意識して節約と貯金をしてきました。

そんな節約生活を送る中で、唯一自分へのご褒美的な位置付けだった美容費。
ですが、仕事を辞めると決意してから、バッサリと削りました。

そこで断捨離した美容費の1つが、ヘアカラーとヘッドスパ。
10年以上染め続けてきたカラーをやめるのは、少しだけ勇気がいりました。

 

まずはバッサリとカット

大人になってからは、ずっとロングヘア。
猫っ毛で寝癖も付かないから、朝はブラシで梳かすだけ。
忙しさもあって、スタイリングのいらないロングが、楽ちんで丁度よかったのです。

そんなわたしですが、カラーをやめると同時に、なぜかバッサリ切ろうと決心しました。

母の散骨が終わり、気持ちが落ち着いた時期。
1年後には、仕事を辞めようと決意した時期。

長い毛を捨てて、サッパリしたくなったのかもしれません。
胸下のロングから、生え際ギリギリのボブへ、バッサリと切り落としました。

 

次は根気よく地毛に戻す

バッサリと切り落としたのはいいものの、残っている髪の半分以上はカラーがついたまま
カラーをやめるのは簡単です、染めなきゃいいだけですから。

何が大変って、全部地毛になるまで根気よく待たなきゃいけないこと!

2ヶ月から3ヶ月置きに、美容院に行き生え際ギリギリまで切ってもらう。
これを1年半続け、先週末やっと全て地毛になりました!

 

前髪も節約することに

前髪、自分でカットできないんです…
失敗して半べそかくのが目に見えているので、美容院で切ってもらっていました。

前髪の厄介な所は、少し伸びるだけで猛烈に鬱陶しいこと。

でも、前髪カット代1,000円と電車代も馬鹿になりません。
この際だから、前髪も節約することにしました。

鬱陶しさにムキーっとなること数ヶ月、なんとか耳にかかりそうな所まで伸びました。

前髪がない自分なんて中学生以来ぶり!
ワンレンボブ、案外評判がよくてホッとしています。

 

地毛に戻したらいいことばかり

10年振りの地毛、15年振りの前髪なし。
地味な顔がより地味になりやしないかと心配しましたが、実際はいいことばかりです。

・生え際が伸びて来た〜染めなきゃ〜、と焦る必要がない

・前髪鬱陶しい〜切らなきゃ〜、とイライラする必要がない

地毛が案外茶色く、カラーほど華やかさはないが地毛で充分と気付く

・シャンプーもドライヤーも、とにかく楽で早く済む

・茶髪ロングの時より、年相応で大人っぽくなる

・あと数年で白髪染めが必要になる、地毛を楽しめるのは今だけ

カラーでカバーしていた「おしゃれ感」は出せないですし、ボブになってからは毎朝ブローが必要ですが、自然体で今の自分に合っているような気がします。

自分の瞳の色に合った1番似合う色、当分楽しみたいと思います。
思い出してみれば、高校生の頃「地毛届け」提出していました。

 

髪型を変えると似合うものも変わる

前髪あり茶髪ロングヘアから、前髪なし地毛ボブヘアへ、ここまで変わると、似合うものも変わるのだなと実感しています。

・髪が短いと、スカートも甘くならずサッパリ着こなせる

・前髪なしだと、帽子を被っても顔に影が出来ずスッキリ見える

・顔の見える範囲が増えたので、メイクをちゃんとするようになる

髪型を変えるだけで、普通の毎日に少し変化が出る、髪の毛の威力を感じずにはいられない、今日この頃です。

 

節約目的で始めた髪の毛の断捨離。
地毛が茶色いことに気がついたり、大人っぽくなるとか、スカートや帽子が似合うようになるとか、一石二鳥どころじゃない効果が出ています。

白髪染めまで、あと何年でしょう。
忙しさにかまけて、ロングで済ませてきた髪の毛。
真っ白ヘアのおばあちゃん目指して、大切にしていこうと思います。

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。
応援クリック、いつもありがとワン♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村