読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

パジャマの効果がすごい!GUのパジャマで睡眠の質を上げてみた

f:id:naconeco:20170308143901j:plain

母から伝授された、良いものを長くの精神は、暮らし全体に及んでいます。
大切に使うのは体も然り、生活習慣や食事にも気を配っています。

本日は、眠りの質を上げるために寝間着を変えてみた、そんなお話です。

 

歳のせい?最近眠りが浅い…

いつでもどこでも秒速で寝れる、が自慢でした。

ところが最近、秒速で寝たはいいけれど、夜中に何度も起きたり、寝た気がしなかったり、なんだかスッキリしないのです。

学生の頃は3日徹夜しても、ちょっと椅子でウトウトすれば「復活じゃー!」だったし、デザイン事務所に勤めていた頃は、1週間寝袋生活でも全然平気でした。

今は6時間も寝て、まだ寝たりない…

これは年齢ですね、間違いない。

そこで、睡眠の質を上げるため、色々と工夫してみました。

 

寝る前にやっていはいけないこと

まずは、睡眠に入るまでの行動が間違っていないかを確認しました。

・激しい運動をする
・熱いシャワーや湯船に入る
・寝る直前に夕食を食べる
・カフェインを摂る
・タバコを吸う
・スマホやPCを見る
・アルコールを摂る

 基本的に、副交感神経を刺激し身体が興奮や緊張状態に陥ることはやってはいけません。

 

安眠のために実践した3つのこと

f:id:naconeco:20170308143917j:plain

やってはいけないことは当てはまらず…そうなると安眠のための工夫をするしかない。

寝付きは良いので、睡眠状態をより良く保つために3つの工夫をしてみました。

 

1.身体を適度に温める

入浴が就寝の4時間前になってしまうので、せっかく温まっても、寝る頃には冷えきっていることも…

そこで、軽くストレッチをしてからお布団に入ってみると、あら不思議!

これまでは冷たい布団に悶絶していましたが、自分の身体がポカポカしているので布団の冷たさが気にならなくなりました。

 

2.好きな香りをつける

アロマなど香りの効果を取り入れると良いとの情報を見て、寝る前に塗っていたハンドクリームを無香料からイソップのものに変更

ラベンダーやハーブの自然な香りで、手をくんくんしながら寝るととってもリラックスできます。

 

3.寝間着をパジャマに変更

そして今回の本題、パジャマです。

冬は裏起毛のグレーのスウェット、夏は短パンTシャツで寝ていました。

スウェットの買い替え時だったので、小学生以来のパジャマを買ってみたのですが、これがとても心地良くて!

パジャマなんてダサい、という先入観が覆されました。

 

パジャマ選びの条件

裏起毛の分厚いスウェットが、1番温かい寝間着だと信じていたのですが、まさか安眠の妨げになっていたとは…

素材ひとつで全然違う、だからパジャマなら何でも良い訳ではありません。

・汗を吸う天然素材100%であること
・身体を締め付けないゆったりサイズ
・寝返りの邪魔になる装飾がない
・派手な色や柄を避ける

人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかきます、冷え性であってもです。 

蒸れて寝苦しくなったり、汗が冷えて寝冷えしたりしますので、汗を吸わない化繊混のものは避けましょう。

スウェットのようにウエストや足首に分厚いリブがあると、身体を締め付けてしまいますし、寝返りの邪魔になるフード付きなんてもってのほかです。

色の心理的効果は大きいので、興奮作用のある真っ赤などは避けるのが無難です。

 

5つのパジャマ効果に感動

選ぶ時の条件に比例しますが、個人的に感じたのはこの4つです。

寝間着を変えるだけなのですが、快眠度の違いに驚きました。

 

1.寝苦しさがなくなった

実は、寒い冷たいと言いながら夜中に「蒸し暑い…」と思うことが度々ありました。

羽毛布団に毛布を重ねた超ぬっくぬく状態、知らないうちに汗をかき寝苦しさを感じていたのです。

パジャマにしてから、適度な温かさで気持ちよく眠れるようになりました。

 

2.締め付けがなく心地よい

スウェットは足首のリブがズリ上がり、ふくらはぎが圧迫されるのが嫌でした。

パジャマは身体が泳ぐようなサイズ感で、もちろん足首にリブもないので圧迫感ゼロです。

 

3.寝返りがしやすい

寝返りは何度も打つほうなのですが、分厚い裏起毛のスウェットに比べると、ゴワつかず非常に寝返りがしやすいです。

 

4.身体が痒くなりにくい

手強い乾燥肌で、季節を問わず身体のあちこちが痒いのですが、布団に入って身体が温まってくるとムズムズが加速するのが悩みでした。

化繊入りから綿100%のパジャマに変えたら、ムズムズが解消されてとても快適です。

 

5.洗濯後すぐ乾く

夏場は毎日、冬場は1日置きに洗うのですが、パジャマはエアコンの近くに干しておくと速攻で乾きます!

寝間着は替えを持たず、1着を着倒す方式をとっているので、すぐ乾いてくれるのはとってもありがたいです。

 

オススメはお手頃なGUのパジャマ

f:id:naconeco:20170308143327j:plain

無印はパジャマの種類が豊富で、脇に縫い目もなく着心地が良さそう、好きな柄もあったのですが、4,980円というお値段に躊躇してしまいました…

そこで見つけたのが、GUのパジャマ、2,725円です

f:id:naconeco:20170317105027j:plain

GU オンラインショップ

 ハート柄やピンクストライプなど可愛らしい柄や色も沢山ありましたが、地味子は無難に黒に白のストライプをチョイスしました。

f:id:naconeco:20170308143339j:plain

GUのパジャマはレーヨン混が多く、綿100%は2種類ほどしかなかったので、品質表示は要確認です。

160㎝中肉中背で、Sサイズが身幅もズボンの丈も丁度良い塩梅でした。

f:id:naconeco:20170308143346j:plain

実は初めてGUでお買い物したのですが、縫製はなかなか大胆ですね。

端と言う端から糸がこんにちはしてます(笑)が、10回程洗濯して今のところホツレてはいないので一安心。

少し大きめですが、メンズのSサイズでも大丈夫そうでした。
全体的にシンプルで、ドット柄もかわいいです。

f:id:naconeco:20170317105831j:plainf:id:naconeco:20170317105836j:plain

GU オンラインショップ

 

小学生以来のパジャマ、その効果に驚きつつ、寝間着の大切さを改めて実感しています。

最初はお手頃価格でお試ししてみるのもオススメです。

スウェットで寝ているそこのあなた!

ぜひ、一度パジャマにチャレンジしてみて下さい、その安眠効果にきっとやみつきになるはずです♪

 

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。
ランキングに参加しています。
応援クリック、いつもありがとワン♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村