ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

グリーンレーベルでアウターを購入&春の着回し5パターン

f:id:naconeco:20170322135555j:plain

母から伝授された、良いものを長くの精神は、暮らし全体に及んでいます。
買う時は吟味して、使う時は長く大切に、がわたしのモットー。

本日は、今年初の洋服購入となったモッズコートのお話です。

 

環境が変わると着るものも変わる

重ね着嫌いで、着る枚数を極力少なくしたいわたしにとって悩ましいのが、冬の終わりにやってくるアウターどうする問題

今の時期は冬のコートを着るか、何も羽織らないかのどちらかです。

会社員時代は、駅から会社まで徒歩2分だし、電車に乗れば暖かいので問題なかったのですが、今は外を出歩く時間も増えました

さらに、移住予定先が夏も日陰はひんやりしている地域なので、温度調整のための羽織りものは必須と言われ…

環境の変化で、これまで必要なかったものが必要になる

そう痛感して、去年から何かいいものはないかと探し続けてきました。

 

半年を費やしたアウター探し

去年の秋口からずっと探していたものの、なかなか理想形が見つけられず。

今年になって春物が出てきた所で、ここぞとばかりに捜索しました。

当初、アウトドアメーカーのものをと思っていたのですが、予算的に厳しいのと条件に当てはまるものがなく、表面加工が経年劣化するものも多くて断念しました。

 

長く使える春アウターの理想条件

・予算20,000円程度
・色は濃紺
・ショート丈
・総裏地
・ツルツルナイロン系素材
・マウンテンパーカー型
・流行りの形はNG
・頭がすっぽり入るフード
・綺麗に立つフード
・撥水加工あれば尚良し

なかなかクリアできないのが「濃紺」「総裏地」「綺麗に立つフード」の3つでした。

濃紺が大好きなのですが、青に近い紺と黒に近い紺ってけっこう差があるんですよね、店頭で見たら青くてガッカリしたりして…

裏地があると着脱しやすいし、防風にもなるのですが、春のアウターは案外裏地なしが多いのです。

フードは、肩に張り付いているような背後霊フード(笑)の多いこと!

こだわり出すときりがなく、結局半年掛かってしまいました。

 

理想型をグリーンレーベルで発見

半年かかって出会ったのがこちら、なんと全ての条件をクリアしましたー!

商品名はモッズコートですが、マウンテンパーカーに近い形です。

 

green label relaxing CB P 2WAY ハッスイモッズコート

流行りのオーバーサイズで、160㎝中肉中背のわたしが38サイズを着るとかなり大きめだったので、ジャストサイズで着れるよう36サイズを購入。
写真のモデルさんは38を着用)

デザイン自体は流行り廃りのないものだったので、サイズで調整して流行感が出ないようにしました。

丈も短過ぎずちょうどお尻が隠れるくらい、濃紺具合も黒に近い色でバッチリです。

濃紺にゴールドの金具って派手?と思いましたが着てみると気になりませんでした。

f:id:naconeco:20170322145346j:plain

なかなか見つからなかった「総裏地」も袖の中までしっかりと。

表地も裏地もポリエステル100%、永久的ではないですが、あれば尚良しと思っていた撥水加工もされています。

モッズコート特有の後身頃が少し長いデザインで、裾の紐を絞ると形の変化も楽しめます。

f:id:naconeco:20170322145610j:plain

けして怪しい者ではございませんぞ…

この通り「頭がすっぽり」そして「綺麗に立つ」フードです。

アウトドアメーカーにはない工夫だなと思ったのが、フードの淵にワイヤーが入っていて形を綺麗に保てること、シャツの襟などでも見かけますよね。

フードを取り外してノーカラージャケットにもなる2WAY仕様なのですが、残念な事に外すとダサい…元々フード付きを探していたので、外して使う事はないかな。

ルミネカードで5%OFF!ルミネweb通販アイルミネ

 

厚着も薄着もOK、春の着回し5パターン

キーンと寒かったり、汗ばむほど暖かかったり…気まぐれなお天気に振り回されてばかりの今日この頃。

アウターの中を工夫すれば、寒い日も暖かい日も対応できます。

 

1.リュック×革靴で真面目な男子スタイル

f:id:naconeco:20170322150638j:plain

分厚いニットの下に極暖を着れば、寒い日でも全然大丈夫でした。

センタープレスパンツにチャーチのバーウッド、リュックを背負って眼鏡(これはガチのやつ)を掛けて打ち合わせに出向いたら「大学生か!」と突っ込まれたコーディネート。

こんなおじさんみたいな、男子みたいな格好が1番好きです。

 

2.白デニム×カモフラエルベでカジュアルに

f:id:naconeco:20170322161141j:plain

先週末のお散歩はこのスタイルで。

前のチャックをしっかり締めれば防風&防寒になり、よりカジュアル感が増します。

エルベシャプリエのカモフラトートは、シンプルなコーディネートのアクセントになってくれるので、地味子としては大変重宝しています。

 

3.セントジェームス×デニムの爽やかマリン

f:id:naconeco:20170322151822j:plain

セントジェームスウェッソンとリジットデニム、徹底的に黒と紺と白だけの女性らしさ皆無のマリンスタイル。

バレーシューズと思いきや、ローファーを合わせるのがおっさん臭くて好きです♡

もうお分かり頂けたと思いますが、持っている服の大半が黒と紺と白です、悪しからず。

 

4.タイトスカートとクラッチで女性らしく

f:id:naconeco:20170322151753j:plain

タイトスカートに、バサッとパーカーを羽織るのも好きです。

あまりに女性らしい格好は落ち着かないので、ドゥロワーのチェックスカートとクラッチバッグに、スタンスミスとパーカーを合わせて恥ずかしさを緩和させます。

 

5.ギンガムシャツ×チノでブリティッシュ風に

f:id:naconeco:20170322152059j:plain

チノパンにコンバースにチェックシャツ、結局男子スタイルに戻ります。

もう少し暖かくなったらシャツの季節、紺尽くしなコーディネートなので、春はベージュのチノパンで爽やかにいきたい所です。

 

吟味して買った服で長く沢山楽しむ

2017年洋服購入第一号がこのアウター、今までにないアイテムで、探すのに苦労したのもあり、着るのがとっても楽しみです♪

洋服を購入する時は、脳内ファッションショーを開催して、手持ちの洋服の大半に合う物を探しています。

そうすると、着回しのバリエーションも増えますし、使い勝手が良い程愛着を持って長く使えますよ。

そろそろ始まるお花見シーズンにも、活躍しそうです♪

 

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。
ランキングに参加しています。
応援クリック、いつもありがとワン!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村