ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

革靴マニアが愛用するローファー、G.H.Bassのウィージャンズ

f:id:naconeco:20170913143842j:plain

「何歳になっても着れるデザイン、何年でも着れる良い素材」
ファッションにおける条件を定めて早10年、お気に入りやこだわりを紹介しています。

本日は、履き心地抜群ジーエイチバスのローファーのお話です。

 

マイケルも愛用したローファー

ジーエイチバス(G.H. Bass)は1876年にジョージ・ヘンリー・バスが設立した、アメリカの老舗シューズブランドです。

ウィージャンズ(WEEJUNS)の名で発売された靴が「ローファーの元祖」と言われ、後にペーニーローファーやコインローファーと呼ばれるようになります。

マイケルジャクソンが白い靴下に合わせて履いていたあれも、ジーエイチバスのローファーなんです。

 

G.H.BASSのローファーが好きな理由

f:id:naconeco:20170913113118j:plain

愛用しているのは、ウィージャンズのレディースライン「WAYFARER」カラーはブラック×ホワイトです。

レディースとはいえ、デザインはメンズと同じでサイズ展開が小さいだけ。

爽やかな色で夏でも違和感なく履けるので、年中活躍しています。

 

1.高品質で安価、コスパ最強

踵以外は全て本革、縫製や構造はウィージャンズ発売当初からほとんど変わりないそう

老舗シューズブランドの靴が軒並みうん万円という値段で売られる中、総革でここまで本格的な作りにも関わらず、20,000円以下という買いやすいお値段が魅力です。

マッケイ製法系(アッパー、インソール、アウトソールを一緒に縫う製法)の靴をこのお値段で買えるなんて、なかなかありません。

清水ダイブした靴と並べても、見た目も履き心地も大差なく優秀です。

 

2.足馴染みがよく抜群の履き心地

f:id:naconeco:20170913113049j:plain

足を入れると、土踏まずをしっかり支えてくれるのが良くわかります。

アーチに合わない革靴ってすごく疲れるんですよね、靴との相性は人それぞれだと思いますが、わたしの足には相性のよい型だと思います。

履くほどに革が馴染んで、どんどん自分のものになっていく感覚がたまりません。

ちなみに「ローファー」とは「怠けもの」という意味。

紐靴が主流だった時代に、屈まなくても脱いだり履いたりできる靴として重宝されました。

 

3.スマートデザインで細見えする

f:id:naconeco:20170913121914j:plain

比較するローファーがないのが残念ですが、ウィージャンズは他メーカー比べワイズが細身でスマート、足先が細っそり長く見えます。

普段23〜23.5㎝を履いていますが、6ハーフで靴下を着用してぴったりサイズです。

女性が履いてもゴツさが出ないので、メンズもの大好き人間はバレーシューズ代わりに愛用していますよ。

 

革靴が楽しい季節の到来!

f:id:naconeco:20170913122028j:plain

人生ファースト革靴は、リーガルのローファーでした。 

関連記事▶︎良い靴履いたら人生変わった、2足の革靴が教えてくれたこと

あれから早18年、ずーーっと革靴に魅了され続けています。

夏はサンダルも履きますし、仕事を辞めてからはスニーカーも愛用していますが、やっぱり革靴が一番好き!

秋の気配を感じた途端、夏のサンダルを仕舞って革靴にシフトしました。

履くほどに味わいを増す革靴、長く使うほどに愛着が増す革靴。

今季も、沢山履いて育てる所存です!

 

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。
応援クリック、いつもありがとワン♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村