読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

時計に頼って感覚鈍ってない?時計に依存しない3つの理由

f:id:naconeco:20160928165547j:plain

家の中に、何個時計がありますか?
1日に、何回時計を見ますか?

わたしは、学生の頃から時計に頼らないよう意識して生活しています。
本日は、時計に依存しない暮らしについてお話します。

 

我が家に時計は”ほぼ”ありません

f:id:naconeco:20160928165607j:plain

時間に縛られず追われずゆっくり過ごしましょ♪
なーんてことは言いません。
もっと感覚を研ぎ澄ませ!というお話です。

我が家には時計がありません。
と言うと嘘になります。
正確には、目の届く所にありません。

我が家にある時計類は6個
・目覚まし時計
・腕時計
・オーディオ
・iPhone
・MacBook
・キッチンタイマー

どれも、敢えて使うか意識して見ないと時間を見る事はできません。
オーディオの時計は常時表示されていますが、視力が悪く見えていません。

 

時計に頼らない理由

時計に頼らないようにしている理由は3つあります。

1.時計に決められるのではなく自分で決めたい
2.体内時計を鍛えたい
3.「はかる」感覚を研ぎ澄ましたい

「時計を見ない」訳ではないんです。

時間が分からなければ、さすがに困ります、超人じゃあるまいし(笑)
ただ、常に時計が目に入る状況を敢えて作らないようにしているのです。

 

1.時計ではなく自分で決める

時計が◯時と言うから、そこまでにやる、そこまでにやめる。
自分で決めているようで、時計に決められています

時計の針が等間隔に並んでいるのをいいことに、きりの良い時間で区切ってしまうんです。

新入社員の頃、「◯時までに仕上げて」と言われたら、時計をチラチラ見ながら指定された時間に合わせ、ペースを早めたり緩めたりしている自分がいました。

自然と、勝手に、その時間に縛られていたのです。わたしだけかもしれませんが…

もっと早く仕上げられるかもしれない、プラスα分の資料も作れるかもしれない。

◯時までに出来ればいいや、ではなく、何が出来るのかを考えなくては、時間の無駄です。

時計ではなく、自分で決めること。
時間は等間隔でも、その中で出来ることは無限大です。

 

2.体内時計を鍛える

町内放送では「◯時になりました〜」学校では「キンコンカンコン」
以前勤めていた会社でも、チャイム鳴ってました。

何度も鳴っては時間を教えてくれる時計、音がないと体が動かなくなっていませんか?

わたしは、毎朝目覚ましが鳴る前に目が覚めます。
就寝時間や起床時間が変わっても、何時と決めたら起きられます。

目覚まし時計は持っていますが、あくまでも保険的な役割。

電車で居眠りしていても、降車駅の1つ手前の駅で目が覚める。
ルーチン作業は、時計を見なくても同じ時間でこなせる。
体内時計は、意識すれば鍛えられますし、正確に動きます。

時計に教えてもらわなくても、己の体が動くようにしたいものです。

 

3.はかる感覚を研ぎ澄ます

体内時計と似ていますが、こちらはより実用的な感覚のお話です。

計る、測る、量る、、便利ですよね「はかる」って。
でも、ぴったりを教えてくれることに頼っていては、感覚は鈍るばかり

観察力と日々の積み重ねで、大抵のものは「はかれる」ようになります。

毎朝体重計に乗っていれば、グラム単位まで予想が付くようになります。

仕事も然り、自分のスキルや作業速度を把握していれば、所要時間がすぐに弾き出せます。

体内スケール、とでも言いましょうか、だいたいの目安が分かっていれば、微調整がしやすく融通が効くのです。

 

むしろ時間に厳しくなる

f:id:naconeco:20160928165632j:plain

時計見ないなんて、の〜んびりした人なんだろうな、そう思われるかもしれません。
でも実際は、常に効率化に励んでいる状態、常に時間厳守。

電車遅延以外で遅刻したことは、一度もありません。

会社員時代は「締め切りの鬼」と言われていました(笑)

そして、時間を突き詰めた結果、機械に聞くより記した方が早いことに気がつきました。

品番、値段、内線番号、電車のダイヤ…とにかく何でも丸暗記、そうすれば必要な時にすぐ答えが出ます。

時間の感覚も、記憶も、研ぎ澄ましておきたい。
時計に依存しない生活は、とても効率的で脳みそにも刺激的ですよ。

自分の時間感覚、鍛えてみませんか?

最近は、ノーチャイムの学校も増えているそう。
理由は「自ら時計を見て行動出来るように」なんだとか。
幼いうちに、自ら時計を見て時間の感覚を養う、とても良い取り組みですよね。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。
応援クリック、いつもありがとワン♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村