ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

バター不使用でも旨味がギュッ、母直伝我が家の人参ケーキ

f:id:naconeco:20160917104749j:plain

母から伝授された、良いものを長くの精神は、暮らし全体に及んでいます。
大切に使うのは体も然り、生活習慣や食事にも気を配っています。

本日は、母の味を再現した人参ケーキを作りました。 

 

パウンドケーキは母の味

母は、食事はもちろん、おやつも手作りでした。

ファストフード、市販のお菓子、缶ジュース…小学校に上がるまで、ほとんど口にしたことがありませんでした。

そんな我が家では、ケーキと言えばパウンドケーキかヨーグルトケーキ

特にわたしは、人参ケーキとヨーグルトケーキが大好きでした。
レシピ、聞いておけばよかったと後悔するも時既に遅し。

母が使っていた調味料を思い出しながら揃え、母の味を頼りに色々なレシピを見ては少しずつ工夫して辿りついたのが、この人参ケーキです。

だから、直伝と言っちゃ嘘かな…探った、とでも言いましょうか。

 

βカロテンたっぷり!人参ケーキ作り

f:id:naconeco:20161002073737j:plain

材料

A.てん菜糖 大さじ4
A.油 40g
B.人参 大1本
B.レモン汁 大さじ2
B.卵 2個
C.薄力粉 1カップ
C.ベーキングパウダー 小さじ1

菜種油でも米油でも、癖のない油なら何でもOK。
いつもは米粉で作りますが、今回は普通の小麦粉です。
てん菜糖も、普通のお砂糖に替えても大丈夫ですよ。
レモン汁は入れなくても、問題はありません。

1.Aをよく混ぜる(オーブンを余熱)

f:id:naconeco:20161002073855j:plain

てん菜糖は粒が粗い…普通のお砂糖だともっと滑らかになると思います。
この時、オーブンの余熱を始めるとちょうど良いです(170℃)
 

2.AにBを追加し混ぜる

f:id:naconeco:20161002074151j:plain

人参はフードプロセッサーにかけ、極限まで細かくして下さい。
フードプロセッッサーがない場合は、おろし金でもOKです。

3.Cを追加して混ぜ、170℃で35分焼く

f:id:naconeco:20161002074410j:plain

この写真だと、薄力粉がまだ残っていますが、残らず混ぜすぎない程度に…。
ふるって入れる、なんてことはしていません、ズボラなので。
型は、パウンド型ではなく、琺瑯バットでも◎

はい、完成!

f:id:naconeco:20161002074945j:plain

今回は小麦粉で作ったので、ずっしりした感じ♪
気泡入りまくりの断面ですが…わたしらしいと言うことにしましょう(笑)

 

さぁおやつタイムだ

f:id:naconeco:20161002075048j:plain

お友達から誕生日プレゼントにもらった、鹿児島陸さんのお皿に乗せて。
黄色と黄色で華やか〜。

レシピは甘さ控えめなので、お砂糖は好みに応じて調整して下さいね。

水切りヨーグルトを乗せてもおいしいですし、お砂糖を減らしてベーコンを入れれば、食事としても。

飾り気のない、シンプルなパウンドケーキ、色々工夫して、少しずつ母の味に近づいて来た様な気が…します。
実際はもう少し、人参の味が濃かったんだけどなぁ。
お料理は難しい、日々挑戦ですね。

▼ 商品情報
人参をすりおろしたフープロはこちら

 

▼人参大好き!サラダも大好き!

kenmuuさんのおからケーキ♡

▼プロセッサー替わりのおろし金

本日も最後までご覧下さりありがとうございました。
応援クリック、いつもありがとワン♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村