ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

脱プラスチックのすすめ、隠して飾る我が家のかご収納を公開

f:id:naconeco:20170823141233j:plain

母から伝授された、良いものを長くの精神は、暮らし全体に及んでいます。
買う時は吟味して、使う時は長く大切に、がわたしのモットー。

本日は、プラスチックの少ない我が家で愛用しているかごのお話です。

 

プラスチックは極力使わない

骨董好きな母の影響で、かごや桐箪笥に囲まれて育った娘は、プラスチックが視界に入るのがあまり好きではありません。

そもそもプラスチックは、経年劣化や日焼けで変色するため、長く使うには不向きな素材

保存容器も琺瑯やガラス製を愛用し、極力プラスチックは避けています。
 

 
また、作り付けの収納が少ない我が家では、小物収納に「かご」が大活躍!

流行りの真っ白で無機質なインテリアに比べると、中身を隠しつつ部屋を飾ってくれ、自然で温かみのある雰囲気になるのが、かごの良いところです。

 

我が家のかご収納大公開

かごバッグは使わないのに、収納としてのかごは多用中。

実家にいた頃から使っているものばかりですが、どれも丈夫で壊れる気配はなし、リビングからトイレまで、様々な場所での使用例をご紹介します。

 

1.リビングのかご収納

f:id:naconeco:20170823141251j:plain

アイアンシェルフには、シーグラスのバスケット3兄弟と竹かごを。

中身のごちゃつきは、布を一枚かけておけば気になりません

f:id:naconeco:20170823141307j:plain

左から、犬グッズ(いつかまた使うかなって)、ランチョンマットやクロスなどのキッチンリネン類、ヘアブラシと化粧品のストック類。

竹かごのお弁当箱には、ハサミや筆記具などよく使う文房具や道具類を入れています。

 

2.キッチンのかご収納

f:id:naconeco:20170823141325j:plain

キッチン下の収納には、竹かごのお弁当箱をバラバラで使用、脱プラスチックできないものの一つ白米用の保存容器と、WECKを収納しています。

 

3.玄関のかご収納

f:id:naconeco:20170823141348j:plain

下駄箱の横には、竹の市場かごをスタンバイ。

幼い頃、ピクニックと言えばこの竹かご、母がお弁当や水筒を入れて使っていたもの、何十年も酷使しているのに本当に丈夫で、飴色に変化して良い味が出ています。

f:id:naconeco:20170823141403j:plain

すぐ近くにゴミ箱を置いているので、市町村の指定ゴミ袋やレジ袋を収納、あとはフローリングシートとマスク。

マスクは、風邪や花粉の時期に夫を見送りつつ手渡しています。

 

4.洗濯機上のかご収納

f:id:naconeco:20170823141424j:plain

洗濯機周りは収納がないので、つっぱり棒を渡してタオル類とシーグラスのかごを乗せ、ハンガーやドライヤー類を吊り下げています。

かごの中には、洗濯用ネットと洗剤のストックを入れています。

 

5.トイレのかご収納

f:id:naconeco:20170823141436j:plain

手作り感溢れるトイレの棚ですが、れっきとした作り付け(笑)棚にはトイレットペーパーの予備と、シーグラスのかごを乗せています。

かごの中は、生理用品とポケットティッシュの予備です。

 

いつか衣装ケースを脱したい

実家のクローゼットで使っていた桐箪笥は、アパートの押入れに入らず仕方なくプラスチックの衣装ケースを使っています。

プラの衣装ケースって、湿度調整ができないし閉めにくいし、正直ストレスが溜まる一方。

洋服を湿度から守るためにも、いつかきちんと箪笥に入れたいな。

プラスチックからかごに入れ替えるだけで、雰囲気はだいぶ変わります。

脱プラスチック、小さなものから挑戦してみてはいかがでしょう。

 

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。
ランキングに参加しています。
応援クリック、いつもありがとワン♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村