読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりといっぴき時々かあちゃん

母直伝 "良いものを長く大切にする暮らし"

面白いほど毛玉が取れる!浅草アートブラシ社の毛玉取りブラシ

f:id:naconeco:20161027161231j:plain

母から伝授された、良いものを長くの精神は、暮らし全体に及んでいます。
買う時は吟味して、使う時は長く大切に、がわたしのモットー。

本日は、洋服のお手入れに欠かせない、毛玉取りブラシのお話です。

 

匠の技が光るブラシの数々

f:id:naconeco:20161027161951j:plain

浅草アートブラシ社は、ものづくりの街浅草でブラシ一筋を貫く老舗ブラシ店です。

「良いブラシ」それは皆さんに喜んでいただけるブラシ。
すなわち素材の良さを活かし、使い勝手がよく、長く使えるブラシだと考えています。

引用元:浅草アートブラシ社HP

代々引き継がれてきた匠の技を持ったブラシ職人が丁寧に作っており、ヘアブラシから洋服ブラシ、靴用ブラシまで幅広く取り扱っています。

この毛玉取りブラシは、伝統と匠の技を活かすべく、これまでにない新たな商品として開発したものだそう。

ブラシ部分へのこだわりはもちろん、ブラッシングしやすいよう、ハンドルに絶妙なカーブがついていて、持ち心地も良いです。

 

好きな理由1.丁寧な作りでニットを傷つけない

f:id:naconeco:20161027164500j:plain

匠の技で作り上げた、キレイに並んだブラシヘッド。

固い猪毛が密集したブラシは、毛先が真っ平らです。
手で触れても、チクチクもしないし、引っかかりもありません。

この平らに整えられた毛先によって、ニットを傷つけずに毛玉を取ることが出来るんです。

ニットだけでなく、スウェットやフリース素材にも使うことができますよ。

 

好きな理由2.優しくなでてキレイに取れる!

f:id:naconeco:20161027162200j:plain

こちら、Beforeです。

まだ毛玉になりきっていない、毛玉予備軍も無数に出現中です。
このハサミでは取れない、毛玉になりきれてない奴が厄介なんですよね。

これを、ブラシで優しくなでると…

f:id:naconeco:20161027162519j:plain

じゃん、Afterです!

力を入れる必要もなく、数回なでるだけで綺麗に取れました!
靄を作っていた毛玉がなくなって、心なしか艶が増していますね。

初めて使った時は、魔法のように綺麗になってビックリしました。

夜な夜なハサミで毛玉をチョキチョキしてた、あの時間を返してくれ…

 

好きな理由3.ブラシ自体のお手入れもできる

f:id:naconeco:20161027163124j:plain

取れた毛玉は当然ブラシにつきます。
でも、ご安心を。

付属のクリーナーで、ブラシから毛玉を搔き出せばこの通り。

クリーナーに詰まった毛玉は、引っ張ればつるんと取れます。
このクリーナー、他のブラシにも使えます、便利です!

 

小さな工夫で使いやすく

f:id:naconeco:20161027164047j:plain

ハンドルの先に穴が空いているので、自分で革紐を通して使っています。

普段は押し入れの中に掛けておいて、ニットの毛玉が気になったらその場でなでなで

良い道具は使ってなんぼ、ですね。

 

毛玉取りが快感に変わる

このブラシを買う3年前までは、根気よくハサミで切っていました。
毛玉取り器ってニットごと巻き込みそうで怖くて…

職人が作ったブラシ、というのに魅力を感じて買ってみたら、なんとまぁ便利なこと!

億劫だった毛玉取りが、快感に変わりました(笑)

髪も洋服も靴も、ブラッシングすると艶が全然違います
ブラッシングって大切なんですね。

ニットを引っ張り出すたびに毛玉を発見して、ブラッシングに励む今日この頃です。

 

▼ 商品情報
洋服ブラシとの3点セットも魅力的!

 

▼シルバーアクセサリーのお手入れ

▼毛玉が出来ない溺愛ニット

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。
みかんは、ブラッシング嫌いです…
応援クリック、いつもありがとワン♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村